旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

ミク&リン・レン仕様のBluetooth対応モニタースピーカーが登場

2020年08月05日17時02分 / 提供:マイナビニュース

TSUKUMO(ツクモ)ブランドでパソコンおよびパソコン周辺機器を販売するProject Whiteとティアックは8月5日、TASCAMブランドから発売される2ウェイパワードモニタースピーカーの初音ミクモデル「VL-S3BT MIKU」、ならびに鏡音リン・レンモデル「VL-S3BT RIN LEN」の予約を開始した。

発売予定日は2020年9月9日。販売店舗はツクモ店舗およびツクモネットショップ。価格はいずれも18,000円(税別)。

「VL-S3BT」は、ニアフィールドモニターならではの再現性とBluetoothの利便性を併せ持ち、コンパクトサイズでありながら80Hz~22kHzという広周波数特性を持つ2ウェイパワードモニタースピーカー。

このたび発売される初音ミクモデルの『VL-S3BT MIKU』および鏡音リン・レンモデルの『VL-S3BT RIN LEN』は、BPMが速い傾向のあるボカロ楽曲の制作に求められるシビアなモニタリングに対応しつつ、各キャラクターの世界観をあしらったデザインも備えている。

両モデルともBluetoothによるワイヤレス再生に対応。一般的なBluetooth再生より高音質・低遅延のQualcomm aptX/AACコーデックに対応しており、スマートフォンからのワイヤレス再生においても制作に活用できるクオリティを提供するという。

筐体は鮮やかなミクブルー、リンオレンジ、レンイエローに、各キャラクターのアイコンをあしらった。特に『VL-S3BT RIN LEN』はフロントバッフルもリングレー、レンブラックと塗り分けて、それぞれのキャラクターのイメージカラーを反映した。

パッケージには、イラストレーターのnecomi氏(oにはウムラウト)による描きおろしイラストを採用。『VL-S3BT MIKU』は作曲に取り組むミクを、 『VL-S3BT RIN LEN』は仲良くリスニングを楽しんでいるリン、レンの様子が描かれた。購入特典として、このパッケージイラストを用いたクリアファイルがプレゼントされる。

なお、その他のスペックとして、14W+14Wのパワーアンプ出力(左側ユニットにパワーアンプを内蔵)、3インチウーハー/0.5インチツイーターを搭載。背面にバスレフポート装備、専用チューニングが施された8kHz クロスオーバー回路を備える。対応コーデックはSBC、AAC、Qualcomm aptXで、A2DPプロファイルでのBluetoothワイヤレス再生にも対応する。入力はRCA端子(ステレオ)、3.5mmステレオミニ端子アンバランス入力端子(ステレオミニ優先)。AC電源で動作する。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る