旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

ただの電気SUVではない? 日産「アリア」の強みとは

2020年07月15日14時15分 / 提供:マイナビニュース

日産自動車は新型電気自動車(EV)「アリア」を発表した。流行りのSUVで航続距離は600キロ超、価格は500万円からということで、EV市場のライバルたちに対するアドバンテージを豊富に持っていそうなアリアなのだが、商品企画に携わった日産社員によれば、「電気で走ることは、このクルマの特徴のほんの一部」だそう。一体、アリアの何が強みだと日産は考えているのだろうか。

○技術の日産の集大成

「リーフ」で市場を切り拓いた日産から、2台目のEV「アリア」が登場する。世界的に人気の「クロスオーバーSUV」というスタイルで、気になる航続距離は最大610キロ(2WD、90kWhバッテリー搭載モデル、WLTCモード、社内測定値)。2021年中ごろに日本から販売を開始する予定で、実質的な購入価格は500万円からとなる見込みだ。

SUV型のEVといえば、ジャガー「I-PACE」(WLTCモードの航続距離は438キロ、価格は976万円~1,183万円)やメルセデス・ベンツ「EQC」(WLTCモードの航続距離は400キロ、価格は1,080万円から)といったクルマがすでに販売中であり、今後はマツダ「MX-30」、テスラ「モデルY」、アウディ「e-tron」などが登場してくる見通し。トヨタ自動車スバルは共同で電動SUVを作ると発表済みだ。そんな中で、アリアは何を武器に戦うのか。アリアの事前撮影会で商品企画担当の日産社員に話を聞いた、

「電気で走ることは、このクルマの特徴のほんの一部です。アリアは『ニッサン インテリジェント モビリティ』の粋を集めて作った新しい乗り物、という風に打ち出していきたいと思っています」

既存のSUV型EVに対しては、少なくとも航続距離と価格に優位性がありそうなアリア。そのあたりを踏まえて、ライバルに対する強みを尋ねてみると、こんな答えが返ってきた。「なぜSUVにしたのか。ファクトでいえば、SUVセグメントがグローバルで伸びていて需要もあり、日産はSUVを得意としているからなのですが……」という断りも入ったが、日産としては、人気の分野においてスペックで勝負するためというよりも、「技術の日産」の現時点での到達点として、このクルマを作ったようだ。

では、EVとして、どんな技術がアリアには盛り込まれているのだろうか。

「電気で走らせることひとつを取り上げても、強みはあります。まずはe-4ORCEというEVの四駆の技術ですが、これは『モーターを2個付ければできる』というものではありません。日産には『GT-R』で使っているパフォーマンス四駆の技術もありますし、『パトロール』(大型SUV、中東などでカルト的な人気を誇るそう)で使っている本物のオフロード四駆、砂漠でも『ズバーッ!』と走るような技術もあります。それからシャシー制御技術、電気で制御するバイワイヤーのステアリング、あとはインテリジェントトレースコントロール(ブレーキを制御して曲がりやすくする技術)、そういう制御を全部入れてe-4ORCEを作っているので、他社には簡単に真似できないものになっているんです」

もうひとつ、日産が注力している自動運転につながる技術でも、アリアは最先端だ。2019年発売の「スカイライン」から採用が始まったハンズオフ機能搭載の運転支援技術「プロパイロット 2.0」を、このアリアも備えている。

「アリアは2021年に発売するので、その時、また完全な自動運転の世界は到来していないと思いますが、完全自動運転の、その一歩手前の時代が来たときに、車内にはどういう空間があるべきなのかということを、最初から考えて作りました。これとプロパイロット 2.0の組み合わせで、お客様に全く新しい移動空間を提供できると考えてます」

広々として質感の高い室内と、ハンズオフでの自動運転。これが組み合わさると、「子供のころに思い描いたような未来都市の、張り巡らされたチューブの中を自動運転のクルマが行き交うような、あの感じ」を感じてもらえるのではないかというのが、アリアの商品企画に携わった日産社員の考えだ。

リーフでEV普及の先駆的な役割を果たし、プロパイロットで未来の自動運転社会の一端を垣間見せてくれた日産は、アリアで何を伝えようとしているのか。「やっぱり、乗って楽しいのが日産車ですから」という同氏の言葉で、アリアに対する期待はふくらんだ。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る