旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

山口周著のビジネス本『ニュータイプの時代』が話題に‼ - アフターコロナを生き抜く人材とは

2020年05月22日16時13分 / 提供:マイナビニュース

2019年7月にダイヤモンド社から発刊された、山口周著のビジネス本『ニュータイプの時代』が今、「アフターコロナ、ウィズコロナの働き方の参考になる」と話題になっているという。

著者は、『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?』で知られ、「アート」「美意識」といったビジネス界のトレンドを生み出してきた、独立研究者の山口周氏。

本書の中で氏は、社会構造の変化やテクノロジーの進化が著しい近年、企業や個人に求められるものは、新しい考え方や成功モデルであるという考えのもと、新時代を生き抜く24の思考と行動様式について述べている。

また、これからの時代を生き抜く新しい価値観をもった人材を『ニュータイプ』とし、例えば、まさに今のような先行き不透明な時代において、未来はどうなるのかと「予測する」のは『オールドタイプ(旧型の価値観)』、対して、未来をどうしたいか「構想する」のが『ニュータイプ(新型の価値観)』としている。

そのほか、「既存事業を守る」「オフィスで働く」「都市部に住む」など、これまで社会から高い評価を得てきた『オールドタイプ』は、社会構造の変化により、その価値を急速に失っていくと指摘。代わって高く評価されるようになるのが、「新事業に果敢に挑戦する」「好きな場所で働く」「好きな場所に住む」といった『ニュータイプ』であるという。

なお、新型コロナウイルスが企業やビジネスパーソンに与える影響について氏は、「昨年、多くの企業が中長期計画を立てたが、新型コロナウイルスの影響で、その殆どが無意味になってしまった。オールドタイプの行動パターンのひとつに『予測する』というものがあるが、アフターコロナでは、予測が外れることは前提として、危機に合わせて動けるニュータイプの人材が生き残っていくだろう」とコメントしている。

山口周著「『ニュータイプの時代』新時代を生き抜く 24 の思考・行動様式」は、352ページ、1600円(税抜き)。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る