旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

2020年第1四半期のDRAM価格はやや上昇も、市場規模は前四半期比4.6%減

2020年05月19日07時00分 / 提供:マイナビニュース

半導体市場調査会社の台TrendForceによると、2020年第1四半期のDRAM平均販売価格は、サプライヤ各社が在庫を削減できたため、前四半期比で0~5%上昇したという。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大による物流の混乱により、DRAMビット出荷数量そのものは下落。その結果、DRAM市場規模は前四半期比4.6%減の148億ドルに留まったともしている。
主要DRAMサプライヤ各社の業績も悪化

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る