旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

池江璃花子、ウィッグを外した姿を初公開「小さな希望になれば」

2020年05月18日14時00分 / 提供:マイナビニュース

白血病からの復帰を目指す競泳女子の池江璃花子選手が18日、自身のインスタグラムとツイッターで手紙と写真を公開。退院後初となるウィッグを外した今のありのままの姿を公開した。

昨年2月の病気判明から初めて、1年以上のブランクを経てプールに戻ってから2カ月あまり。「今日、みなさんに初めてこの姿をお見せします。白血病の闘病生活中、私に強さをくれた皆さんに」とウィッグをとった自身の写真をお披露目した。

そして、「私にとっては、生きていることが奇跡です。ここにいられることが、まるで奇跡のようです。1年前、私は自分自身との戦いに、絶対負けないと誓いました。そして家族や友人、温かい応援をくださった皆さんのおかげで、病気を乗り越えるころができました」と感謝。

「現在、世界中が不安で辛い日々を送っています。このメッセージがアスリートの仲間にとっても、また同じように苦難と闘っている誰かにとっても、小さな希望になればうれしいです。私たちは一人ではありません。恐れのない日が一日でも早く来ますように。どんなトンネルにも必ず出口はあります。みんなで乗り越えていきましょう」とメッセージを送った。

池江選手がグローバルスキンケアブランド「SK-II」とコラボレーションし、彼女の軌跡やメッセージを描いたインタラクティブなフォトダイアリー“This Is Me”も同時に公開。どんな時にも、前向きで強さをもって生きる池江選手の願いが込められている。

SK-IIは、東京2020オリンピックのワールドワイドパートナーとしてアスリートをサポート。池江選手は「今のありのままの自分を見てもらいたいという私の気持ちを、SK-IIは大事にしてくれました。私の心の準備ができた時に、私らしいやり方で。回復への道のり、少しずつ前進していく姿を、メッセージとして発信することをサポートしてもらい感謝しています」とSK-IIとの取り組みについても言及した。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る