旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

シリコンバレー101 第835回 新型コロナ収束後を見すえて、結束深めるAmazon対抗勢力

2020年05月08日11時01分 / 提供:マイナビニュース

トイレットペーパーや除菌抗菌ワイプなど、新型コロナウイルス (COVID-19)感染拡大直後に店頭から消えた商品が、個数制限はあっても数週間前から購入できるようになってきた。ところが、Amazonのプライベートブランドの商品は品切れになったまま、今も買えない状態が続いている。

Alphabet/GoogleのCEO、Sundar Pichai氏は1〜3月期決算発表の電話会見で「以前の状態に世界が戻ることない」と述べた。COVID-19をきっかけにリモートワーク、リモート学習、オンラインショッピング、ホームエンターテインメント、テレメディスン、デリバリーを多くの人が体験している。そうしたデジタル化は、緊急事態が収束しても後戻りすることはないと見る。それはAmazonにとって大きなチャンスであり、同社がこのチャンスを逃すはずがない。だから、トイレットペーパーが店頭から消えた時には、Amazonが総力を結集して同社のプライベートブランドのトイレットペーパーを真っ先に回復させると期待された。しかし、こうした状況において底力を発揮したのは、長年トイレットペーパーを供給し続けてきたメーカーであり、スーパーやディスカウントストアだった。1〜3月期にAmazonは販売・配送で緊急事態に対応できる力を示せたものの、プライベートブランドについては供給能力の乏しさを露呈した。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る