旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

加藤シゲアキVS本仮屋ユイカ再び…『さんま御殿』ご当地バトル傑作選

2020年05月05日06時00分 / 提供:マイナビニュース

きょう5日に放送される日本テレビ系バラエティ番組『踊る!さんま御殿!!』(毎週火曜19:56~)では、日本各地の出身芸能人たちが繰り広げてきたご当地バトルの傑作トークを振り返る。

毎回さまざまな対立構造が生まれる「関東ローカル」の中で、肝となってきたのが“埼玉”の存在。「埼玉 VS 栃木茨城群馬」では、常に上から目線でモノを言う埼玉勢に、北関東勢が怒り爆発。栃木出身の森三中・大島が「埼玉県民は東京ヅラする!」と責め立てると、堀尾正明が理詰めで埼玉の利点を挙げやり返す。埼玉をやり込めようと群馬もお国自慢をするが、出てくるエピソードのあまりの貧弱さに、明石家さんまは思わず「泣いてしまいそう」と嘆く。

埼玉の強力なライバル・千葉とのバトルでは、またも堀尾の強力なデータが武器に。負けじと千葉が応戦しようとするも、千葉には「ネーミング」という弱点が。埼玉は県内でもバトルが勃発。上尾市出身のハライチ澤部が、浦和のどうしても許せないことについて吠えまくる。出身地のプライドを賭けて繰り出す“お国自慢”トークでは、堀尾のみならず、羽鳥慎一も「ほぼフィンランド」という埼玉の名所を猛プッシュ。そのほかさまざまな“日本一”を必死で自慢する堀尾の姿に、出川哲郎ら神奈川勢はドン引きしてしまう。

茨城出身の磯山さやかは、世界に誇る茨城の名所をアピールするも、さんまから「世界1位じゃないの!?」と鋭いツッコミが。群馬勢が自慢するのは県民以外になじみのない名所ばかり。さらに「上毛カルタ」「駅弁の空容器の2次利用法」「数の数え方」など、群馬独特の文化を一丸となって熱弁し始める。

そして、ローカル対決の中でも毎回強烈な舌戦を繰り広げるのが「関西」バトル。「関東 VS 関西」では、大阪府出身のNEWSの加藤シゲアキと東京出身の本仮屋ユイカが、10代の頃に共演した際の“出身地の印象”について、芸人顔負けの激しいバトルを展開。さらに本仮屋は、苦手な関西人習性として「ちゃうねん詐欺」を挙げ、さんまを厳しく追及。これにはさすがのさんまも「いや、ちゃうねん!」とタジタジになる。

ここで黙っていられないのが関西人。くわばたおはら・くわばたは「関西人をバカにしてる!」と関東勢を蹴散らし、「関東のノリの悪いトーク」へのいら立ちをここぞとばかりにぶちまける。

大人しそうにみえる北海道&東北間でもバトルが。各地方ごとのブランド品なども多く存在する“海の幸”をめぐって、北海道出身の清水宏保と青森出身の古坂大魔王が本気の論争を繰り広げる場面も。そんな中、宮城出身のHey! Say! JUMP八乙女光が悩む東北ならではの滑舌問題にはさんまもゲストたちも皆一緒になって笑ってしまう。

そのほか「歴史に残る傑作選」として、ヒロミ、アンジャッシュの「八王子軍団」と23区出身芸能人たちによるバチバチの東京バトルや、関西バトルで尾木ママこと尾木直樹がズバッと見せつけた滋賀の切り札、石川富山福井3県による譲れないプライド合戦などが登場する。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る