旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

香取慎吾、星野源コラボで“つながり”実感 草なぎは“16テイク”明かす

2020年05月03日16時41分 / 提供:マイナビニュース

新しい地図の稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が3日、ABEMAのレギュラー番組『7.2新しい別の窓』(毎月第1日曜17:00~7.2時間生配信)に生出演。香取と草なぎが、星野源の楽曲「うちで踊ろう」とのコラボ動画について語った。

「うちで踊ろう」は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため外出自粛が求められる中、星野がインスタグラムで発表した曲。「誰か、この動画に楽器の伴奏やコーラスやダンスを重ねてくれないかな?」と呼びかけたところ、SNS上でさまざまなコラボ動画が上がり、多くの著名人も参加している。

アートでコラボした香取は「塗り絵としてもみんなに塗ってもらったりして」と振り返り、ギターでコラボした草なぎは「16回やったの。16テイク目。16回やって一番よかったやつ。これ以上もう出ないなっていう感じだった」と明かした。

香取はまた、「楽しい時間でしたね。エンターテインメント、こんなときに何ができるのかなってちょっと下向いちゃいそうだったんだけど、こういう形でもちょっとでも一緒に。歌を歌ったり踊りを踊っている人もいたけど、僕の場合は絵を描くのが好きだから絵と一緒にコラボさせてもらおうとか、それが今度塗り絵にもなるなとか、つよぽんはギターで。吾郎ちゃんが塗り絵をやってくれたり、つながっていってるのも楽しいなと思います」としみじみ。

草なぎと稲垣も「こういう状況でしか得られないものってありますよね」、「新しい価値観が生まれてくるよね」と同調していた。

(C)AbemaTV,Inc.

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る