旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

新型コロナ療養時に要注意、13の「緊急性の高い症状」厚労省が発表

2020年04月30日20時30分 / 提供:マイナビニュース

厚生労働省は4月27日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の軽症患者や無症状患者が宿泊施設や自宅で療養する際、軽症者等本人が自らの経過観察(セルフチェック)を行うときに留意すべき「緊急性の高い症状」のリストと対応方法を同省のWebサイト上で公開した。

緊急性の高い症状として、厚労省は「顔色が明らかに悪い」、「息が荒くなった(呼吸数が多くなった)」、「胸の痛みがある」、「横になれない。座らないと息ができない」など13項目を挙げている。詳細は下記の通り。

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る