旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

JR東海、東海道新幹線など「特大荷物スペースつき座席」予約開始

2020年04月20日18時56分 / 提供:マイナビニュース

JR東海は20日、東海道山陽九州新幹線で導入する「特大荷物スペースつき座席(baggage160)」の予約受付を開始するとともに、特大荷物スペースの位置をわかりやすく示すため、東海道新幹線車内にステッカーによる表示を実施すると発表した。

東海道山陽九州新幹線では、「特大荷物」(縦・横・高さの3辺合計が160cmを超え、250cm以内の大きな荷物)を持ち込む際の事前予約制を5月20日乗車分から導入。これに合わせ、客室内最後部座席後方の特大荷物スペースとセットで販売する「特大荷物スペースつき座席」の予約受付を4月20日10時に開始した。

「特大荷物スペースつき座席」を予約する場合、窓口できっぷを購入する際に特大荷物を持ち込むことを係員に伝えるか、JR東海・JR西日本・JR九州のインターネット予約ービス「エクスプレス予約」「スマートEX」「e5489」「JR九州インターネット列車予約」または駅の券売機などで「特大荷物スペースつき座席」を予約できる。

JR東海では、特大荷物スペースの位置をわかりやすく示すため、4月20日から東海道新幹線の車内にステッカーによる表示を順次実施。その他にも、特大荷物スペースへの理解をより深めてもらうため、中川家の2人を起用したテレビCM・ウェブ・ポスター等によるサービス内容の発信を5月1日から順次行う。

JR東海とJR西日本、JR九州の3社共同で運営する「特大荷物スペースつき座席(baggage160)」の公式Twitterアカウント「@baggage160」にて、利用の参考となる特大荷物のルールなどの情報をタイムリーに発信し、プレゼント企画も実施する。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る