旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

Safariの「プライベートブラウズモード」は、気付いた時にメンテナンスすべし!

2020年04月18日11時30分 / 提供:マイナビニュース

Safariの「プライベートブラウズモード」、活用していますか? このモードでアクセスしたWEBページは履歴が残らず、検索した言葉は保存されず、自動入力用に参照されないため、閲覧したことを他の人に知られたくないサイトでも安心してアクセスできます。

しかし、プライベートブラウズモードのとき開いたWEBページは、閉じないかぎり表示され続けます。通常モードに切り替えても、再びプライベートブラウズモードにすれば閉じなかったページが表示されるのです。ということは、なにかの拍子にプライベートブラウズモードに切り替えたとき、うっかり閉じ忘れたWEBページを他の人に見られるリスクがあるのです。

プライベートブラウズモードに関する秘密を守りたいのなら、ときどき「タブをすべて閉じる」処理を行うべきです。しかし、Safariの画面右下にある2つの四角形が重なったボタン(タブボタン)をタップし、現れた画面で「プライベート」ボタンをタップしなければならないので、少々面倒です。

そこで利用したいのが、ホーム画面上のSafariアイコンを長押しすると現れるクイックアクションメニュー。そこに表示されている「新規プライベートタブ」をタップし、現れたページをひとまずキャンセル、その後画面右下のタブボタンを長押しすると、プライベートブラウズモード上のすべてのタブをまとめて閉じることができます。

なお、タブは通常モードとプライベートブラウズモードそれぞれで管理されるため、この処理を行っても通常モードのタブには影響しません。反対に、通常モードでタブをまとめて閉じても、プライベートブラウズモード上のタブはそのままです。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る