旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

池田エライザ、松田聖子の名曲弾き語り「緊張」 松本隆「パンクな妖艶」

2020年04月17日13時00分 / 提供:マイナビニュース

女優の池田エライザが、19日に放送されるNHK BSプレミアムの音楽番組『The Covers』(22:50~23:19)で、松田聖子の名曲「SWEET MEMORIES」の弾き語りに挑む。

2週連続企画となる「作詞活動50周年・松本隆SP」。その第1夜となる19日放送回では「松田聖子&歌姫の名曲特集」と題し、松田聖子と130曲以上タッグを組んできた松本隆のヒストリーを、「松田聖子名曲アーカイブス」を交えながら振り返る。

そして、リリー・フランキーと共にMCを務める池田は、自分なりの解釈で“松本隆×松田聖子”の名バラード「SWEET MEMORIES」をカバー。エレキギターをかき鳴らし、キーボード・上田禎と共に魅惑の世界観へと誘う。歌唱を聴いた松本も、「パンクな妖艶」と称賛。池田はツイッターで、今回の収録を「緊張しました」と振り返っている。

そのほか、「赤いスイートピー」のカバーが大きな話題を呼んだ宮本浩次と松本が夢の初共演。松田聖子の大ファンだったという宮本が「白いパラソル」、そして“松本隆×歌姫作品”の中から「心の1曲」だという名曲を弾き語りで披露する。

■松本隆コメント
例えば、嵐の日に仲良い友達数人が部屋に集まって、
しんみり好きな音楽の話をしてるうちに、誰かがアコギ弾いて歌い出して、みたいな番組です。
はっぴいえんどの時代には大滝細野が歌ってましたが。
不思議に心温まるんですよね、不思議に。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る