旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

マイグレーションなしでWebシステムの高速化エンジンが適用可能に

2020年04月15日11時40分 / 提供:マイナビニュース

プライム・ストラテジーは4月14日、マイグレーションを行わずにWebシステムの高速化エンジン「WEXAL Page Speed Technology」を適用できる「WEXAL Reverse Proxy Limited Edition」(以下、WEXAL リバプロ版)の提供を開始すると発表した。

あわせて、「WEXAL リバプロ版」の導入とリバースプロキシサーバの保守を行う「WEXAL Reverse Proxy マネージドサービス」の提供を開始する。

これまで、WEXAL Page Speed Technologyを導入するには、システムをCMS実行環境「KUSANAGI Premium Edition」へマイグレーションする必要があった。また、このマイグレーションに伴い、DNSの変更も必要であり、マイグレーションがWEXAL Page Speed Technologyの導入の障壁だったという。

「WEXAL リバプロ版」は、Webサーバの前段に設置することでPSTを対象サイトに適用するリバースプロキシ専用インスタンス。サーバやアプリケーションに手を加えることなく、DNS設定の変更のみでWeb表示の高速化を実現する。サーバ、OSとしてKUSANAGIを利用する必要もない。

「WEXAL リバプロ版」は、オリジナルのWebシステムから画像、CSS、JSなどのリソースを取得して最適化を行う。リバースプロキシサーバに最適化したリソースが存在しない際は、オリジナルのWebシステムからリソースを取得して表示するほか、AIによるリアルタイムの表示高速化を行う。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る