旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

ジャンポケ太田、妻・近藤千尋の「3人目が欲しい」発言に戦々恐々

2020年01月21日21時00分 / 提供:マイナビニュース

お笑いトリオ・ジャングルポケットの太田博久、モデルの近藤千尋が21日、都内で行われたパンパース「あなたらしい子育てが、いちばん。」プロジェクト記者発表会に出席した。

乳幼児用紙おむつブランド「パンパース」を販売しているP&Gは、全国のパパママの子育てを応援する「あなたらしい子育てが、いちばん。」プロジェクトを始動。その第1弾として関東から九州沖縄まで、全国の道の駅をはじめとする公共施設などに随時、誰でも使えるおむつ交換台やベビーケアルームの導入支援をスタートさせる。

イベントには育児真っ最中の太田博久と近藤千尋の夫妻が登壇。同プロジェクトについて太田は「パンパースさんが動いたなと思いましたね。大事なことというか、子育てしている親子が外出する上ではうれしいことだと思います」と子を持つ親として大歓迎のようで、妻の近藤も「このプロジェクトでちょっとでもお父さんお母さんが育児しやすい環境になればと心から思っています」と期待を寄せた。

また、キャンペーンにちなみ、「自分らしい子育ては?」という質問に太田は「体当たり育児です。トライアンドエラーの精神というか、とりあえず何でもやってみて、ダメなことを学んでいけばと思いますよ。僕が育児をする男として発信していけるようになりたいですね」と意欲満々で、「周りに頼って心に余裕を」と回答した近藤は「私は産後2カ月でお仕事に復帰させてもらいました。赤ちゃんが可愛そうだよとたくさんのご意見をいただきましたが、赤ちゃんに負担なく私にも負担なく育児が出来ているのは、周りの皆さんのお陰です。私は甘えてその分恩返ししたいですし、その人が困っていたら私たちが助ける関係性を築けたら自分にも余裕ができると思います」と話した。

2人は昨年10月31日に第2子となる次女が誕生したばかり。太田は「この前奥さんのインスタ見たら、長女と次女を抱えて3人目が欲しいと書いてあったのを見て若干震えました。3カ月前に生まれたばかりなんですけど(笑)」と戦々恐々としていたが、「それぐらいいても育てやすいと思える環境になればありがたいと思います」と子を持つ親にとって喜ばしい環境の変化に期待を寄せていた。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る