旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

40万人に聞いたビジネスパーソンの平均年収、第1位の職種は?

2020年01月21日11時47分 / 提供:マイナビニュース

パーソルキャリアは1月20日、「平均年収ランキング2019」を発表した。同ランキングは、同社が運営する転職サービス「doda」に登録した約40万人のデータから、社員として働く20歳~65歳までのビジネスパーソンの平均年収と生涯賃金をまとめたもの。

2019年の平均年収は408万円で、昨年の414万円から6万円の減少となった。全167職種のうち、第1位となったのは843万円の「投資銀行業務」だった。これに、720万円の「運用(ファンドマネジャー/ディーラー)」、「企画/管理系」の「内部監査」が続いている。

「営業系」では、「営業―医薬品メーカー」(659万円)が昨年から63万円アップして18位から6位にランクアップしたほか、「MR」(658万円)が7位、「営業—医療機器メーカー」(543万円)が30位に入っており、医療関係の営業職が昨年に引き続き上位となっている。

業種別では、昨年と同じ「金融」系の「投信/投資顧問」が648万円で第1位となった。これに、「メディカル」系の「医薬品メーカー」(600万円)、3位にはメーカーの「たばこ」(591万円)が続いている。

都道府県別では、2019年の全体の平均年収である408万円を上回っているのは、東京都(438万円)、神奈川県(430万円)、千葉県(414万円)、栃木県(410万円)と関東の1都3県だけだった。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る