旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

「山に行く」って、どういう意味かわかる? 葬儀業界の専門用語クイズ

2020年01月18日07時30分 / 提供:マイナビニュース

●業界の専門用語クイズ
職業ごとに、その業界で働いている人しかわからない専門用語がある。中には、テレビやイベント業界で使われる「てっぺん(深夜0時のこと)」など、業界"外"に飛び出して一般化されている有名な用語も。ここでは、さまざまな業界の専門用語をクイズ形式でピックアップ。ビジネスマンなら他業種の言葉も知っておいて損はないはず!
○【Q.2】エンバー

○【Q.4】びき

○【Q.5】1・3・5

聞いたことがあるようなないような……。どういう意味かわかっただろうか? 次のページで答え合わせ!

●正解はこちら!
○【Q.1】山に行く

火葬場に行くことを指す。かつて、火葬場は山に立地していることが多かったため、今もこのような表現が使われているそうだ。
○【Q.2】エンバー

薬品などを使って遺体に処置を施すこと。英語のエンバーミングの略。防腐防止、感染防止、ダメージ修復などが行われるそう。
○【Q.3】下げ

遺体を病院から搬送することを指す。「下げがはいりました」などのように使うそうだ。
○【Q.4】びき

友引のことを指す。「友を引き寄せて冥土に連れて行ってしまう」という言い伝えがあるため、葬儀は友引を避けることが多いそう。「びき前」「びき明け」などのように使う。
○【Q.5】1・3・5

霊柩車の速度を示す数値のこと。火葬場に行く時間を合わせるため、1は「ゆっくり」、3は「普通」、5は「急ぎ」という風に使い分けるという。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る