旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

シャオミ「Miスマートバンド4」を1カ月使った! この機能で3,490円は迷わず買い

2020年01月13日06時00分 / 提供:マイナビニュース

●心拍、睡眠、活動量、時計……とにかく多機能
シンプルなデザインでリーズナブルな価格帯がウリの中国の総合家電メーカー、シャオミ(Xiaomi、小米科技)。2019年12月9日に発売されたウェラブル端末の「Miスマートバンド4」は、心拍計の機能付きで3,490円(税別)という価格の安さが特徴ですが、果たして本当にコストパフォーマンスに優れた製品なのか、1カ月間じっくり使って検証してみました。

○画面が見やすく、寝るときも邪魔にならない軽さ

筆者はこれまでに6つの活動量計を使ってきました。ここ数年、常に活動量計を着けているので、問題となるのが腕時計との兼ね合いです。ベルトタイプの活動量計は腕時計と一緒に着けるとぶつかり合ったりしがち。そして時計タイプの活動量計はバッテリーの減りが早く、夜は充電しているので、睡眠の質を計測できないという悩みがありました。

その点、「Miスマートバンド4」は時計の機能も備えるので、コレ1つでまかなえるところが便利。しかもサイズは幅10.8mm、重さ22.1gとコンパクトなので、夜、寝る時もジャマになりませんでした。

それでいて画面はかなり見やすい。従来の「Miスマートバンド3」と比べると、表示面積が39.9%大きくなった0.95インチに。有機EL(AMOLED)のフルカラーディスプレイになったことも、見やすい要因なのでしょう。ディスプレイ画面はタッチ操作可能。画面が縦長なので、スクロールすることである程度の情報を見ることできます。ディスプレイ画面のデザインはデフォルトで3種類あり、専用の「Mi Fit」アプリと同期させれば、複数のデザインから好みのものを選ぶことができます。

○バッテリーがとにかく持つ

充電のために睡眠が計測できないという悩みを前述しましたが、活動量計を選ぶポイントとして、バッテリーの駆動時間はとても重要。「Miスマートバンド4」は約3週間も充電なしで使えるので、この1カ月、1回は充電したものの、ほぼほぼ着用したままで過ごすことができました。

筆者は入浴時には外しましたが、50m耐水なので、本来はお風呂やプールなどでも外さなくてOK。コンパクトなサイズなので着けていても気にならず、睡眠トラッキングや心拍数なども、毎日、しっかりチェックできました。

ちなみに毎日の流れはこんな感じ。朝は「Miスマートバンド4」のアラームが、手首の振動で起こしてくれるので、自然と目覚めます。起きてまず確認するのがアプリの睡眠の質分析。睡眠時間自体は短くても頭がスッキリしていたり、逆に長く寝たのにまだ眠かったりすることがありますが、アプリ画面で、その日の深い眠りと浅い眠りの配分を確認することで理解できます。

入眠が遅いなどのアドバイスや、過去7日間の平均睡眠データとの比較もあり、日々この項目をチェックするだけで、自分の睡眠の傾向がわかってきます。中でも面白いのがグラフ表示。同じ地域の同年齢のユーザーと比較して、自分の睡眠の質がどうなのか、数字でわかります。自分の睡眠が高評価だった時には、1日をハッピーな気分で始めることができました。

他のユーザーと比較したデータは、歩数計でも表示されます。こういった分析データがとにかく充実していて、歩数計では距離や消費カロリーだけでなく、何グラムの脂肪を燃焼したかや、過去30日間の平均なども表示します。

●ワークアウト機能は6種類。地図に履歴も残せる
ワークアウトはランニング、トレッドミル、サイクリング、エクササイズ、スイミング、ウォーキングの6種類に対応。画面にタッチすることで、ワークアウトをスタートできます。アプリから操作すると、ウォーキングやランニング、サイクリングで走行したところを地図上に履歴として残すことができるので、筆者は主にアプリから操作していました。

このワークアウトのデータが実に細かく、平均ペースや平均心拍数などのほか、1kmごとのペース、ワークアウト中の心拍の変化などもわかります。ランニングの場合、1キロメートルを何分で走れるのか、同じペースで何キロメートルを走れるのかはかなり重要。参加するマラソン大会の前などは、これまでマラソン用のアプリでチェックしていましたが、「Miスマートバンド4」はそれも兼ねてくれました。

自分の運動データの詳細を見るのが面白くて、これまでは電車に乗っていたところも歩くようになりました。消費カロリーや燃焼した脂肪の重さなどがわかるのが励み。30日間の平均も表示されることで、運動習慣が徐々に付いてきている気がします。
○雨雲の接近も通知してくれる

筆者は打合せ時や取材時にはスマホをサイレントモードにしているのですが、いつも元に戻すのを忘れて、電話に気付かないことがよくありました。でも「Miスマートバンド4」の着信電話機能を利用することで、この問題が解消。手首は意外と敏感で、すぐに着信に気付くことができます。

そのほか、ストップウォッチやタイマー、音楽コントロール(スマホ連携時)の機能付き。設定した時間より長く座っていると優しいバイブレーションで通知してくれる機能もあり、仕事柄、座りっぱなしになりがちでしたが、一定時間ごとに休憩を取るようになりました。

雨雲が近づいてきていたり、雷注意報がスマホに出た時などに「Miスマートバンド4」で通知されるのも便利。現在地の天気予報や週間予報も手元で確認できるので、いちいちスマホを起動させなくていい手軽さが良かったです。もちろん、SNSのメッセージなども表示できます。

○高いデータ収集・分析能力が魅力、コスパも秀逸

「Miスマートバンド4」を使い始めたことで、睡眠や運動への関心が高まり、生活習慣が変わりつつあります。無理にそうしているのではなく、データを見るのが楽しい、他のユーザーよりも上位になることが嬉しい、といった気持ちで、自然と良い行動になっているのです。

気になったのは、充電時にバンドから本体を外すのに手間取ることですが、これは1カ月に1回あるかないか。あと難を言えば、軽く睡眠を取った後に1時間半以上起きていると、その後に寝ても睡眠データが取れなかったので、二度寝にも対応して欲しいなと思いました。こういった不規則な睡眠習慣も、本体はなくすべきなのですがね(汗)。

機能が多く、データを細かく収集し、その情報を基にアドバイスしてくれ、生活習慣を楽しく変えさせてくれた「Miスマートバンド4」。3,490円というリーズナブルな価格はお値打ち! 活動量計をどれにするか考えているなら、お試しの意味でもおすすめです。

著者プロフィール綿谷禎子(わたたにさちこ)

情報誌の編集部から編集プロダクションを経てフリーランスのライターに。現在は小学館発行のビジネス情報誌「DIME」を中心に、企業のオウンドメディアや情報サイトなどで幅広く執筆。生活情報サイト「All About」のガイドも務める。自称、キャッシュレスクイーン。スマホ決済や電子マネー、クレジットカード、ポイント、通信費節約などのジャンルのほか、趣味の文具や手帳の記事も手掛ける。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る