旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

渋野日向子、ソフトボールで“始球式”「試合より緊張しました」

2020年01月11日08時02分 / 提供:マイナビニュース

昨年の全英女子オープンで優勝した女子ゴルフの渋野日向子選手が10日、都内で行われた「第54回テレビ朝日ビッグスポーツ賞表彰式」に出席し、“始球式”を行った。

渋野選手は、水泳の瀬戸大也選手、スピードスケートの高木美帆選手、世界野球プレミア12日本代表とともに、「ビッグスポーツ賞」に輝いた。

ゴルフスイングを披露して登場した瀬戸選手について、渋野選手は「私より飛びそうだなって思いました。私も平泳ぎで入ってくればよかった」と笑顔。昨年を振り返り、「全英でも優勝することができて、本当にこれ以上ない年でした」といい、世界野球プレミア12日本代表の活躍について聞かれると、「テレビで見てたので、優勝したときは自分のことのようにうれしかった」と明かした。

始球式の様子

表彰式では、ソフトボール経験のある渋野選手がピッチャーとなり、“始球式”をする場面も。渋野選手は「本当に構えているところにいったので、ホッとしています。試合より緊張しました」と漏らしたが、キャッチャーを務めたソフトボール日本代表の元監督・宇津木妙子氏からは「最高のボールでした。ソフトをやっていたら代表に行っていたと思います」と太鼓判を押されていた。

瀬戸大也
稲葉篤紀
渋野日向子
張本智和

川井梨紗子
高木美帆
オカダ・カズチカ
文田健一郎

撮影:蔦野裕

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る