旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

Windows 10ミニTips 第464回 新Microsoft Edgeの自動更新を中止する

2020年01月11日00時00分 / 提供:マイナビニュース

「Windows 10ミニTips」は各回の作成時点で最新のWindows 10環境を使用しています。

○Microsoftの「Blockerスクリプト」を使用する

本稿公開から4日後となる1月15日は、Chromiumベースに生まれ変わった新Microsoft Edgeの公開日である。Microsoftは既存のMicrosoft Edgeを自動更新で置き換えると説明しているが、企業にとっては自社システムなどの検証を終えてから移行したいことだろう。

システム管理部門を設ける大企業なら、Microsoftが用意したグループポリシー管理用テンプレートを用いれば社内PCの制御が可能だが、システム管理者のいない中小企業は、Microsoft Edgeの自動配布とインストールを無効にする公式ツール「Blockerスクリプト」を用いるとよい。

ファイルをダウンロードして展開すると、グループポリシー管理用テンプレートファイルや、Windowsコマンドスクリプトファイル(拡張子「.cmd」)が現れる。リンク先の公式ドキュメントにあるとおり、同スクリプトファイルは、HKEY_LOCAL_MACHINE¥SOFTWARE¥Microsoft¥EdgeUpdateキーにDWORD値「DoNotUpdateToEdgeWithChromium」を書き込み、データを「1」(配布をブロック)に変更する仕組みだ。

個別のPCにスクリプトを実行するのが手間な場合は、「EdgeChromium_Blocker.cmd PC1 /b」とコンピューター名を指定すれば、Reg.exeがリモートコンピューターに対して、同様のレジストリエントリーを書き込んでくれる。なお、検証を終えた後、新Microsoft Edgeへの自動更新を復元する場合は「EdgeChromium_Blocker.cmd /u」(配布のブロックを解除)を実行すればよい。

阿久津良和(Cactus)

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る