旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

NASA、地球サイズでハビタブルゾーン内にある新たな系外惑星を発見

2020年01月08日18時49分 / 提供:マイナビニュース

米国航空宇宙局(NASA)は2020年1月6日、太陽系外惑星を探査する宇宙望遠鏡「TESS」の観測によって、液体の水が存在しうる「ハビタブルゾーン」に、地球とほぼ同じサイズの系外惑星があることを発見したと発表した。TESSによるこの種の系外惑星の発見は初めてとなる。

この惑星は、地球から約100光年離れたところにある恒星「TOI 700」のまわりを回っており、「TOI 700 d」という名前が与えられた。

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る