旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

RPA機能搭載「Microsoft Power Automate」で業務を自動化しよう

2020年01月14日09時00分 / 提供:マイナビニュース

●MicrosoftがクラウドサービスとしてRPAを提供開始
○RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)技術とは

業務をどれだけ自動化できるかどうかは、生産コストやサービスの提供コストを下げるために重要だ。もともと、日本は産業ロボットの導入数が多く、自動化による製品品質の向上や人件費の削減などに取り組んでいる。自動化を実現する技術の1つにロボティック・プロセス・オートメーション(RPA: Robotic Process Automation)がある。

そもそも、コンピュータやソフトウェアは自動化に向いた機械であり、機能だ。通常は、APIや専用スクリプトなどを使って処理の自動化を行う。自動化にはプログラミングが必要なことが多い。逆に言うと、プログラミング能力が伴わないと、処理の自動化は難しい。また、APIなどが提供されていなければ、自動化の対象にすることが難しい。

RPAは、人間が行う作業を自動化しようとする技術だ。例えば、人間はマウスやキーボードを使ってオペレーティングシステムやアプリケーションを操作する。RPAではこの操作を記録し、仮想知的労働者と呼ばれるソフトウェア・ロボットがその作業を代替する。ソフトウェアがキーボードやマウスの操作を代替することで、処理を自動化するというわけだ。

RPAはすでに成熟したものと考えられており、既に複数のソリューションが存在している。今回注目したいのは、MicrosoftがクラウドサービスとしてRPAの提供を開始した点にある。本稿執筆時点ではパブリックプレビューだが、今後広く普及する可能性がある。このタイミングで、試しておきたいサービスだ。
○Microsoft Power AutomateとUI flows

Microsoftは2019年11月、「Microsoft Power Automate」と「UI flows」について発表した。発表の内容は次のページにまとまっている。

Robotic process automation now in preview in Microsoft Power Automate|Power Automate Blog

発表内容のポイントをまとめると、次のようになる。

Microsoft Power AutomateにRPAを実現する機能「UI flows」をプレビュー版として追加
UI flowsを利用することで、最新のアプリケーションとレガシーアプリケーションの双方のタスクを自動化できる
UI flowsは100%クラウドベースのサービス
UI flowsを使うことで、自動化の内容をクラウドベースで管理できる
UI flowsを利用することで、APIが提供されていないソフトウェアの操作を自動化できる

名称の変更と新しい名称の追加が同時に行われたので、若干言葉の意味するところがわかりにくくなっている。そこで、まずは「Microsoft Power Automate」と「UI flows」について整理しておこう。
Microsoft Power Automate

これまで「Microsoft Flow」と呼ばれていたタスク自動化ツール。2019年11月のMicrosoft Ignite 2019で「Microsoft Power Automate」と名称が変更された。Microsoftプロダクトを連動させたり、タスクを自動化させたりすることができる。タスク自動化ツールとして、既に数十万の組織によって日々利用されている。
UI flows

Microsoft Power Automateに追加された機能。RPA機能を提供する。WindowsやWebアプリケーションで発生するタスクを自動化することができる。100%クラウドベースのサービスとして提供されており、APIが提供されていないレガシーアプリケーションも自動化の対象にできる。

本稿で注目したい「UI flows」の特徴は以下になる。

利用するにあたってプログラミングが不要
APIが提供されていないアプリケーションも自動化の対象にできる

「Microsoft Excelのシートを開いて、この値をコピーするだけなんだけど、自動化する方法がわからない」「このアプリケーションを開いて、ここの値をこっちにコピーするだけなんだけど、自動化する方法がわからない」

そんな日々の作業に煩わしさと退屈さを感じている人は少なくない。UI flowsを利用すると、そうした作業を自動化できるのだ。

●プログラミングなしでPCの操作を自動化
○プレビュー版を使ってみよう

本稿執筆時点では、まだプレビュー版という位置づけだが、Microsoft Power AutomateのUI flowsは試用できるようになっている。Microsoft Power Automateの管理画面にUI flowsが追加されており、ここからタスクの自動化を行える。

UI flowsは次のページの「Try preview」からプレビュー版の試用へ進むことができる。試用するにはMicrosoft Accountが必要だ。

UI Flows-Robotic Process Automation | Microsoft Power Automate

既に組織アカウントでMicrosoft Power Automateを使っているなら、UI flowsの試用は簡単だ。もし、ログインしたアカウントでUI flowsが実行できないなら、管理者に話を持っていってほしい。
○自動化で業務効率アップ

PCを使った煩わしい単純作業は想像以上に発生するものだ。APIが提供されている機能は、プログラミングをすれば自動化できる。ここにはプログラミングという敷居が存在するものの、費用対効果を考えれば悪くない投資と言えるだろう。

APIが提供されていない場合が問題だ。ただし、APIが提供されていない機能であったとしても、Webブラウザ内部の操作であればエクステンションを開発することで、ある程度自動化は可能だ。ここでも、プログラミングという壁が立ちはだかってくるが、同じような操作を毎回繰り返しているのであれば、エクステンションを開発して操作を自動化することは価値がある。

しかし、これがWebブラウザ以外、またはWebブラウザを越えて複数のアプリケーション間で作業をするとなると、Webブラウザのエクステンションだけではどうにもならなくなってくる。ネイティブに動作するアプリケーションも開発して、そちらと連動させる必要が出てくるが、これは開発のコストが高い。多くの現場にとって、ここまでくると現実的なソリューションとは言えなくなってくる。

Microsoft Power AutomateのUI flowsは、そうした場合に役立つサービスだ。アプリケーションをまたがるような操作も自動化が可能で、しかもプログラミングが不要だ。準備は必要だが、日々の煩雑な業務を短縮できるとなると、検討する価値は十分ある。試用できる環境にあるならぜひとも試してみていただきたい。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る