旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

Intel、次世代CPU「Tiger Lake」を初公開 - CES 2020

2020年01月08日11時52分 / 提供:マイナビニュース

CES 2020の会場となっている米ラスベガスで、Intelの次期プロセッサ「Tiger Lake」(開発コードネーム)が初公開された。

Tiger Lakeのチップの実物が初めて披露されたほか、Tiger LakeのiGPU(統合GPU)である「Intel Xe」と、そのXeアーキテクチャがベースのdGPU(外付けGPU)である「DG1」(開発コードネーム)を組み合わせたシステム上で動いているというゲームのプレイデモも見ることができた。

デモ自体は、ゲームなどがただ「動いている」のがわかる程度のもので、具体的に性能が把握できるようなものではなかったが、IntelのGregory Bryant氏(Intel Exective Vice President and General Manager Client Computing Group)は、Tiger Lakeの性能を、前世代(現行のIce Lake世代のIntel Core)と比べて、パーセンテージで2桁の向上が実現すると説明した。また、Tiger Lakeでは、USB 3の4倍の帯域を持つThunderbolt 4をCPUに統合することも明かした。

なお、Tiger Lakeの登場時期についての言及もあった。Tiger Lakeを搭載したノートPCなどの製品が、今年の後半には出荷開始される予定だという。

関連して、今年のCESでも、Lenovoの「ThinkPad X1 Fold」など、ディスプレイを曲げて折りたためるフォルダブルPCが発表されているが、Intelは、「Horseshoe Bend」という開発コード名でフォルダブルPCのデザインガイドをつくっていたようだ。このHorseshoe BendのCPUにはTiger Lakeが採用されるという。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る