旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

HyperX、Qi充電対応のワイヤレスゲーミングヘッドセットなど - CES 2020

2020年01月07日18時10分 / 提供:マイナビニュース

Kingston Technologyのゲーミング部門「HyperX」は、世界最大級のコンシューマエレクトロニクス見本市「CES 2020」にあわせて、ゲーミングアクセサリとメモリなどの新製品を発表した。

○Cloud Flight S

Cloud Flight Sは、最大30時間の稼働時間を誇るワイヤレスゲーミングヘッドセット。置くだけで充電できるQi規格認証の充電器を搭載した。また、取り外し可能なマイクとLEDマイクミュートインジケーターが付属する。

イヤーカップには、90°回転する密閉型デザインを採用。カスタムチューニングされた7.1ch対応サラウンドサウンドと、2.4 GHz周波数帯の50mmドライバーにより、没入感あるゲームオーディオ体験を実現する。PCやPS4に対応。

○HyperX Alloy Origins

HyperX Alloy Originsは、HyperX Aquaメカニカルスイッチを採用したRGBバックライト付きのゲーミングキーボード。輝度レベルは5段階に調整可能だ。航空機等級のブラシ仕上げのアルミボディを採用しており、高い耐久性を誇る。USB Type-CからUSB Type-Aへの変換用キーボードケーブルも脱着可能。100%アンチゴースト機能とフルNキーロールオーバー機能も搭載する。
○HyperX Pulsefire Raid

HyperX Pulsefire Raidは、11個のプログラム可能なボタンと、Pixart 3389センサーを備えたゲーミングマウス。最大16,000DPIまで設定可能で、LEDインジケーターで常に設定をチェックできる。スイッチはオムロン製。2,000万回のクリック耐性を持つ。

○HyperX FURY Ultra

HyperX FURY Ultraは、360度のRGBライトリングとライトバーを搭載したマウスパッド。表面には微細な型押し加工を施した硬質素材、裏面には滑り防止用ラバーを採用した。
○HyperX FURY DDR4 / FURY DDR4 RGB

HyperX FURY DDR4 / FURY DDR4 RGBは、アップグレード用メモリ。FURYモジュールにはIntel XMP認定またはXMP対応プロファイルが含まれ、AMD Ryzenに対応する。3600MHzと3733MHzの周波数バージョン、8GBと16GBモジュール、および最大64GBまでのキット容量から選択できる。
○HyperX Impact DDR4 SODIMM追加容量版

Impact DDR4のプラグアンドプレイ7機能により、システムスピードの許容範囲内で最大の周波数まで自動オーバークロックが可能なメモリ。RyzenおよびIntel XMP対応で、容量はモジュールで最大32GB、キット構成では最大64GBまで。
○HyperX ChargePlay Clutch(任天堂Switch用 / モバイル用)

任天堂Switch用の6,000mAhのバッテリーとLEDバッテリー残量インジケーターを搭載した充電ケース。取り外し可能なラバー製のJoy-Conグリップと、テーブルトップモードでプレイするためのキックスタンドが付属。USB Type-Cコネクタ経由でドッキングできる。

モバイル用は、モバイルデバイスを固定するドッキングシステム。ラバー型押し加工のコントローラーグリップを備える。ChargePlay ClutchはQiワイヤレス充電規格の認定済みであり、3,000mAhの脱着可能なバッテリーパックを採用した。LED充電インジケーターとUSBポートを備えたモバイルバッテリーとしても使用できる。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る