旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

天海祐希、医療ドラマ乱立に持論「視聴者が体を気にするきっかけに」

2020年01月08日05時00分 / 提供:マイナビニュース

女優の天海祐希が7日、神奈川県内のスタジオで行われた日本テレビ系ドラマ『トップナイフ ―天才脳外科医の条件―』(11日スタート、毎週土曜22:00~)の記者会見に出席し、同時期に医療ドラマが数多く放送される中で作品をアピールした。

『トップナイフ』は、常に完璧を求められ、手術はすべて成功して当たり前という脳外科医たちが、それぞれに抱える秘密と爆弾をめぐる群像劇。2020年1月期には、『病室で念仏を唱えないでください』(TBS)、『恋はつづくよどこまでも』(同)、『アライブ がん専門医のカルテ』(フジテレビ)、『病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~』(テレビ東京)、『心の傷を癒すということ』(NHK)と、病院が舞台となるドラマが6本も放送されることになる。

このことについて問われた天海は「他の番組もすごく楽しみにしています。この機会に視聴者の方に(医療ドラマを)見ていただいて、ご自分の体を気にするきっかけになればいいなと思います(笑)」とコメント。

続けて、「うちは“脳外科”というこれまでに切り込んだことのないところを突っ切っております。世間的に認知されているようなものではない、ごくごくまれな症例も私たちは立ち向かっていってるので、そのへんはちょっと色が違うかな」と特徴を挙げた上で、「この豪華なメンバーを見てください! ここが一歩抜きん出てるんじゃないかと!」と、椎名桔平、広瀬アリス、永山絢斗、古川雄大、三浦友和といった共演陣をアピールした。

医療ドラマということで、セリフには専門用語も多く、天海は正月休みも台本に向き合っていたそう。「これから撮影がずっと続くと思うとお正月もゆっくりできないんです。『コタール症候群、コタール症候群…』っていうセリフを頭の中で延々繰り返してました。でも、とても幸せな時間でした」と、プロ意識をのぞかせていた。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る