旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

細かいところが確かに違う、iPhone 11シリーズのDeep Fusionをオン/オフして撮り比べよう

2020年01月06日20時45分 / 提供:マイナビニュース

iOS 13.2で登場した「Deep Fusion(ディープ・フュージョン)」は、iPhone 11/11 Pro/11 Pro Maxでサポートされる画像合成技術です。これらのiPhoneに搭載されるシステム・オン・チップ「A13 Bionic」には、機械学習関連の処理に特化した「Neural Engine(ニューラル・エンジン)」という機能があり、その働きにより画質向上を図ります。

Deep Fusionが有効なときには、短時間露光の4枚と標準の4枚、そして長時間露光の1枚をくわえた計9枚の画像が合成されることで、1枚の高画質な写真を生成します。その合成にはNeural Engineによる機械学習の成果が反映され、肌や毛髪、服地など微妙な質感を持つ被写体の特性に応じて最適化処理が行われます。ざっくりいうと、写真をより鮮明に見せるための機能がDeep Fusionです。

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る