旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

和歌山発「次世代乗り物」のglafit、立ち乗り型の電動スクーター - CES 2020

2020年01月06日15時17分 / 提供:マイナビニュース

米ラスベガスで間もなく開幕するCES 2020の公式プレイベント、「CES Unveiled」の会場で人だかりができていたのが、glafit社の電動スクーター(電動バイク)「X-SCOOTER LOM」のプロトタイプの出展だ。両足で立ち乗りするライディングスタイルが、電動スクーターでありながらスキーのような不思議な乗り味を感じさせてくれる。

glafitは、「日本を代表する次世代乗り物メーカーになる!」ことを目指すとして、和歌山を拠点に世界へ積極展開しているスタートアップ企業。今回のCES 2020が初お披露目となる新製品「X-SCOOTER LOM」は日本国内で開発・製造され、米国にて2月から「Kickstarter」でのクラウドファンディングを行う予定だ。日本での販売は未定だが、米国展開が上々なら日本販売も視野。ただkickstarterでの購入は日本からも可能。

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る