旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

Windows 10ミニTips 第461回 新EdgeのQRコードジェネレーターは使える?

2020年01月05日00時00分 / 提供:マイナビニュース

「Windows 10ミニTips」は各回の作成時点で最新のWindows 10環境を使用しています。

○現時点では動作不可能 - 今後のバージョンに期待

新Microsoft Edegは、現在閲覧中のWebページを二次元コードでスマートフォン(スマホ)と共有する機能を実装する予定だ。正確には、Google Chrome 81のコードが同機能を実装したためだ。

筆者が確認したところCanaryチャネル(バージョン81.0.370.0)のみ対応しており、Betaチャンネル(バージョン79.0.309.51)やDevチャネル(バージョン80.0.361.5)は未対応。試験段階の機能である「Enable Shareing page via QR Code」を有効にすると、本機能も有効になった。

アドレスバーに「QRコード」というボタンが加わるものの、こちらをクリックしてもタップしても無反応。UIが日本語だからかと英語に切り替えて見たが結果は一緒である。当然、拡張機能の類を無効にしてみたが徒労に終わった。

海外のIT系情報を参照すると、二次元コードを生成するポップアップが現れ、「…」から開くコンテキストメニューにも二次元コードを生成する項目が加わるらしいが、今回の検証で後者は出てこなかった。現時点では完全な実装に至っていないようだ。

2020年1月15日に登場する新Microsoft EdgeはGoogle Chrome 79ベースになると思われる。読者諸氏は一般提供版(GA)が81ベースになったあかつきに、本手順を参考に二次元コード生成機能を試してほしい。

阿久津良和(Cactus)

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る