旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

三浦貴大・伊藤健太郎・上白石萌歌・佐久間由衣・嘉島陸『教場』後編に出演

2020年01月05日05時00分 / 提供:マイナビニュース

俳優で歌手の木村拓哉のが主演するフジテレビ開局60周年特別企画ドラマ『教場』。きょう5日(21:00~)に放送される後編に、三浦貴大、伊藤健太郎、上白石萌歌、佐久間由衣、嘉島陸が出演することが明らかになった。

長岡弘樹氏の同名小説が原作の同ドラマは、木村演じる警察学校のカリスマ教官・風間公親が、極限状態を生き抜く生徒それぞれのよこしまな思惑を暴いていくミステリー。今回発表された5人の出演者の役柄は、発表されていない。

三浦は、今作での木村の印象を「現場に立っている木村さんの存在感は変わらず、キャスト・スタッフ含め全ての人を引っ張っていってくれるような、そんなオーラがありました」と語り、撮影現場を「独特の雰囲気で普段の撮影現場とはまた違う緊張感があった」と表現。撮影は「あれが撮影だったのかどうかも曖昧になる程、不思議な体験」と、緊張感あふれる現場だった様子を語る。

伊藤は、木村と初共演。小さな頃から憧れていた木村との共演をとても喜んだ。伊藤が一番好きなドラマが『プライド』(2004年)で、その作品の演出を手掛けた中江功監督と主演の木村との共演を「お2人と一緒ということで本当に夢のようでした」と話す。現場では木村からの突然のアドリブにも緊張しつつも、見事な対応を見せて現場を盛り上げていた。

芝居では初共演となる上白石は、木村の印象を「風間教官として教壇にたたずむお姿はあまりに厳格で、殺気を感じてしまうほど」だったと言い、「木村さんの目の奥に宿る炎のようなものを間近で感じ、終始ヒリヒリしていました」と表現。また、今回の撮影に際し、「いつかはと願っていた中江監督の作品に、こんなにも早く携わらせていただけるとは夢のよう」と中江組への参加できたことの喜びを語った。

木村とは初共演となる佐久間は、撮影を「今でも全ての瞬間を思い出して鳥肌が蘇るほど、決して忘れることができない経験」と回想。撮影も終盤にさしかかった頃の参加だったが、「皆さまがもう既に作り上げられた世界観の中に、飛び込む緊張感はとてもリアルで面白かった」と話し、監督の印象を「ここは日本なのか?と疑うほどの緊迫した空気の中で、1人楽しそうにニコニコしている中江監督のお姿が、とても印象的でした」と述べた。

同じく木村と初共演となった嘉島は、木村に小さな頃から憧れていたという。そんな木村との共演を「感慨深く光栄」といい、「役に対する真摯(しんし)な向き合い方がとても印象に残っていて勉強になりました」と役者として木村から学ぶことも多かったようだ。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る