旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

LJL、2020年春季リーグの参加チームを発表

2019年12月26日15時51分 / 提供:マイナビニュース

ライアットゲームズは、PCオンラインゲーム『リーグ・オブ・レジェンド(LoL)』の国内プロリーグ「League of Legends Japan League(LJL)」において、2020年春季リーグ「LJL 2020 Spring Split」の開催日程および対戦フォーマットを決定した。

「LJL 2020 Spring Split」では、全8チームによるレギュラーシーズンを2020年2月8日から3月8日まで開催。対戦形式は1試合先取の「Bo1」で、全チームによる総当たり戦を2回行う「ダブルラウンドロビン」にて進める。その後、レギュラーシーズン上位6チームによるプレイオフを実施し、プレイオフで優勝したチームは、LoLの世界大会(MSI 2020)に日本代表として参加する。

参加チームは「AXIZ」「Burning Core」「Crest Gaming Act」「DetonatioN FocusMe」「Fukuoka SoftBank HAWKS gaming」「Rascal Jester」「Sengoku Gaming」「V3 Esports」の8チーム。2月8日、11日、15日、23日、3月1日、7日、8日にレギュラーシーズンを、3月21日からプレイオフを実施する(プレイオフのラウンド3以降の日程は後日発表)。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る