旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

小川紗良、初の医療ドラマで乳がん患者役「エネルギーが湧く作品に」

2019年12月26日11時00分 / 提供:マイナビニュース

女優の小川紗良が、フジテレビ系ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』(1月9日スタート、毎週木曜22:00~ ※初回15分拡大)に、1月16日放送の第2話からレギュラー出演する。

がんのスペシャリストたちの戦いと苦悩を描く同ドラマ。NHK朝ドラ『まんぷく』などで話題を集めた小川が演じるのは、乳がん患者の佐倉莉子だ。

莉子は、ごく平凡な会社員。壮大な夢があるわけでもなく、かと言って毎日が楽しくないわけでもない。休日は友人と遊んで、いつか結婚をして…と暮らしていたが、ある日、乳がんが見つかる。横浜みなと総合病院で、心の診察を受ける莉子。心(松下奈緒)は莉子に乳房の全摘手術の話をするが、莉子は、自分の乳房が無くなるという現実が受け入れられず、心に「手術を遅らせるとかアリですか?」と言う…。

小川は「医療ドラマに出演するのは初めてなので、2020年を新たな挑戦でスタートできることがうれしかったです。腫瘍内科という部署や、がん専門医の仕事など、知らない世界が脚本の中に広がっていたので、ひとつひとつ学びながら読み進めていきました。重く深刻になりがちなこの題材を、優しく包み込むストーリーにとても共感できました」とコメント。

そして、「今や誰もがなり得る病気、がん。誰にとっても人ごとではない物語だからこそ、優しく温かく、ポジティブな力を持ったドラマとなっています。今日を生き、明日につなぐエネルギーが湧くような作品となればうれしいです」と呼びかけている。

(C)フジテレビ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る