旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

オープンソースCFD「HELYX」の最新版v3.2.0、国内提供を開始 - ヴァイナス

2019年12月25日14時13分 / 提供:マイナビニュース

ヴァイナスは12月25日、英ENGYSが開発している企業向けオープンソースCFDソフトウェア「HELYX」の最新バージョンである「HELYX v3.2.0」の国内提供を開始したことを発表した。

同バージョンでは、HELYX-GUIの可視化機能「View Tab」の強化を行うことで、設計者が断面表示・流線の描画などの可視化を簡単・スムーズに実行できるようにしたほか、可視化した断面や流線のグループ化や手順の保存・読込などの機能も追加されたという。

また、HELYX-GUI上での操作を記録し、自動的にPythonスクリプトとして出力し実行するマクロ機能をサポート。これにより、メッシュ生成、境界条件などの設定、ソルバの実行、ビューイングなどの複雑な操作を自動実行することが可能となった。さらに、メッシュ機能の強化によって、複雑形状に自動でメッシュ生成ラッピングするアルゴリズムを追加、表面メッシュの1~2格子幅程度の寸法の隙間を自動的に検知しウォータタイトモデルにすることが可能となった。

このほか、HELYXが進めているマルチリージョン、マルチフィジックス問題を扱う効率的なソルバ構造(Unified Solver Framework)への移行改良の最初のソルバとして、共役熱伝達(Conjugate Heat Transfer:CHT)ソルバを提供。これにより、並列計算時スケーラビリティが向上し、計算時間の短縮を図ることができるようになるという。

なお、HELYXのフローティング年間ライセンス価格は252万円(税別。初年度保守料を含む)から、となっており、ヴァイナスでは、シミュレーション技術活用のための総合サポート「OPASS(Open Source Advanced Support Service)」と、自動車業界や重工業業界などにおけるエンジニリングサービスの実績をベースにしたコンサルティングなどにより、2020年度のHELYX関連の売り上げとして、30ライセンスを見込むとしている。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る