旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

TIS、「Oracle EBSモダナイゼーションサービス」を提供開始

2019年12月24日07時36分 / 提供:マイナビニュース

TISは12月23日、2030年以降の標準サポートの継続が発表された「Oracle E-Business Suite」(Oracle EBS)のさらなる活用を支援するという、「Oracle EBSモダナイゼーションサービス」を提供すると発表した。新サービスのうち、アセスメントサービスの費用は300万円(税別)から。

Oracle EBSモダナイゼーションサービスは、Oracle EBSを導入しているユーザー企業向けに継続利用を目的としたアセスメントを行い、バージョンアップや新規機能開発、クラウド移行、運用保守サポートまでをワンストップで提供するもの。

アセスメントサービスでは、Oracle EBS導入で多くの実績を持つというTISの知見を生かして、現行の業務要件、アドオン機能、非機能要件などの調査・可視化を実施し、多軸的に選択肢や移行方法を評価するという。

具体的には、ヒアリング、アドオン調査/移行方式検討、コンバージョン選定評価、結果報告の4つのステップで最適なマイグレーション方針を評価選定するとしている。

移行方法としては、EBSのアップグレード、機能拡張、ホスティング、ERP Cloudへの移行などの選択肢を用意して、ユーザー企業の最適なマイグレーションを支援するという。

アップグレードの場合は、Oracle EBSの再セットアップや過去データの移行リスクを最小限にする方法として、標準的なアップグレード手法である「テクニカルアップグレード」と「インストールアップグレード」を組み合せたハイブリッド型アップグレードサービスを提供する。

また、移行先基盤の選択肢として、DBマイグレーションによるクラウド移行も提供するとのことだ。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る