旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

片寄涼太、ファンの手に直接サインの神対応で会場絶叫! ヒット中『0キス』再現

2019年12月22日15時16分 / 提供:マイナビニュース

映画『午前0時、キスしに来てよ』(12月6日公開)の大ヒット御礼クリスマスイベントが22日に都内で行われ、片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)が登場した。MCはフジテレビ 榎並大二郎アナウンサーが務めた。

同作はみきもと凜による同名コミックを実写映画化。超・まじめ人間で優等生だが実は夢見がちな花澤日奈々(橋本環奈)が、ある日映画の撮影で高校にやってきた国民的人気スター・綾瀬楓(片寄)に出会い、2人は惹かれていく。住む世界が全く違う2人には、思いもよらぬ障害が次から次に押し寄せる。

クリスマスを前に、理想のデートを聞かれた片寄は「クリスマスって、キラキラしたいですよね。イルミネーションとか、輝いてるものとかがすごく似合うタイミングだと思うので、素敵な景色が見えるレストランとかで食事したいなと思いました」と語る。

現時点で動員50万人、6億円を超えるヒットとなった同作のファンへの感謝ということで、片寄が「寄サンタ」となり、まずは名台詞をプレゼントすることに。四択の中から会場のファンの拍手で選ばれたのは「俺が好きなのは、君なんだ。君のそばにいたい」という告白のセリフ。片寄の希望で「ここに至る前のセリフからやろう」と、カンペを見ながらも感情たっぷりに披露する。さらに、2位となった「俺は君のことだと、結構余裕ないんです」というセリフも披露した。

またサプライズプレゼントコーナーということで、映画館のL列22番の座席の下にメッセージカードが仕込まれ、その席のファンが「クリスマスプレゼント、届けに来てよ」と読み上げると片寄が客席へ行き、サイン入りポストカードを渡すという展開に、会場は絶叫。プレゼントはまだ続き、抽選BOXから片寄が引いた座席番号のファンが登壇するパターンも。片寄は作中の名シーンを再現し、ペンのキャップを口で外すと、当選したファンの手にサインを直接書いた上に、実際にサインも渡す神対応で、ファンも「死んじゃいます…」と震えていた。

最後には、片寄への逆サプライズで会場のファンのメッセージが飾られたクリスマスツリーが登場。片寄はいちばん大きな星に「Merry 0キス Christmas」と書いてツリーを完成させた。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る