旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

佐藤健、『ぎぼむす』SPで赤ちゃんに苦戦も「反町さんのPOISONを流すと…」

2019年12月21日12時21分 / 提供:マイナビニュース

俳優の佐藤健が21日、都内で行われたTBS系スペシャルドラマ『義母と娘のブルース 2020年謹賀新年スペシャル』(2020年1月2日21:00~)の制作発表に、主演の綾瀬はるかをはじめ、竹野内豊、上白石萌歌、井之脇海とともに出席。赤ちゃんとの共演に苦戦する中で「反町(隆史)さんの『POISON』を流すとたちまち泣き止むという結論に至りました」と、泣き止ませる驚き方法を見つけたことを明かした。

桜沢鈴氏による同名4コマ漫画を原作に2018年7月クールに放送された『義母と娘のブルース』の1年後をオリジナルストーリーで描くスペシャル版。連続ドラマのレギュラーキャストが顔をそろえ、ドラマの中で病気で亡くなった亜希子の夫・宮本良一を演じた竹野内豊も出演する。

ベーカリー麦田の店長・麦田役の佐藤は、麦田の魅力について「愛すべきバカなところですかね。見ていて元気が出る。真っすぐなところは何も変わっていません」と笑いながらコメント。「亜希子さんに思いを寄せていた麦田が、最終回では見事に振られたんですけど、今回のスペシャルではどうなるのか。注目して見ていただきたい」と見どころを伝えた。

スペシャル版では赤ちゃんが登場。佐藤は「窮地に立たされました。難しいですよね、あやしたり。麦田が赤ちゃんをあやしてすごく笑うシーンとか求められるんですけど、まあ泣き止まないんですよ。でも綾瀬さんは最初からわりとなついていて、何が違うんだろうって、けっこう現場では毎日へこんでいました」と苦戦したという。

また、「われわれ現場で試行錯誤をした結果、反町(隆史)さんの『POISON』を流すとたちまち泣き止むという結論に至りました。間違いないです。本番中ずっと『POISON』流しっぱなしでした」と明かし、「BGMを流しながら芝居をする経験は初めてだったので、むしろいいなって。音楽を流しながら芝居をするとテンションが上がったり、元気が出たりして、いろんな発見がありました」と語った。

綾瀬も、印象に残っているエピソードを聞かれると、「赤ちゃんが主軸となるストーリーだったので、基本ずっと一緒なんですけど、ご機嫌を伺いつつ、泣くぞってなったときはあれこれ道具を使ったり、『POISON』を。思い出すと『POISON』っていう感じになりますね」と笑った。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る