旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

実質2万円台前半と安い エプソン複合機「EP-M552T」レビュー

2019年12月19日16時25分 / 提供:マイナビニュース

「インクがすぐなくなる」「インクカートリッジが高い」といったネガティブなイメージを持つ人が多いインクジェット複合機。その欠点を払拭すべく登場したのが、セイコーエプソンの大容量インクタンクモデル「エコタンク搭載モデル」です。今年は、税込み2万円台で購入できる意欲的な低価格の新製品「EP-M552T」を投入したのがトピックで、インクカートリッジ式モデルからの移行を狙おうとしています。機能や使い勝手、印刷品質など、価格以外も満足できるのかチェックしてみました。

○スキャナーに特徴あり

エコタンク搭載モデルの最新機種は、カラリオの売れ筋モデルに迫る装備を持つ上位モデル「EW-M752T」(実売価格は税込み3万9000円+ポイント10%)と、装備を簡略化した低価格モデル「EP-M552T」(実売価格は税込み2万9000円+ポイント10%)の2機種。今回は、税込み2万円台で購入できるEP-M552Tをレビューしてみます。

角が丸く落とされたEP-M552Tの外装はどことなく「無印良品」を連想させる仕上げで、シンプルながら安っぽさは感じません(プリンターを持つと意外なほどの軽さに驚かされますが)。液晶パネルは1.44型とちっぽけですが、コピーやデジカメプリントなどの操作は専用のスマホアプリでできるため、さほど不満は感じません。スマホを使わず、液晶パネルや操作ボタンでコピーなどの作業をする際も、意外とキビキビ作業できました。

EP-M552Tで特徴的なのがスキャナー。コピー機のようなガラスが張られたフラットベッドスキャナーではなく、書類を1枚ずつ通して読み込むシートフィーダー式のスキャナーを採用しています。

本などの冊子はこのスキャナーに通せないため、専用アプリを使ってスマホカメラで撮影→四角く補正→色補正をしてスキャンやコピーをする仕組みになります。A3判など大きなサイズの用紙も読み込めるメリットはありますが、通常のフラットベッドスキャナーよりも解像感は劣るうえ、照明の影響で白飛びすることもあり、コピーのクオリティはいまひとつ。問題集や教材などの冊子をコピーする機会が多い人は、フラットベッドスキャナーを搭載するEW-M752Tのほうがよさそうです。

EP-M552Tでもう1つ気になったのが、用紙の給紙方法です。本体の底面には給紙カセットがなく、用紙はすべて背面のオートシートフィーダーにセットします。しょっちゅうプリンターを使う人ならば問題ありませんが、あまりプリントしない人は用紙にホコリが付着してしまうので、プリントするごとに必要な分だけ用紙をセットするのがよいでしょう。用紙が上部に出っ張ることから、棚などでは上方にスペースを確保しなければならないのも留意点といえます。

○デジカメプリントは満足の品質、印刷コストは以前より上昇

スキャナーや給紙はいくらかの制約が見受けられたEP-M552Tですが、肝心のプリントは上々の印象でした。

デジカメプリントは、染料ブラックインクを含む4色の染料インクでプリントします。ライトシアンやライトマゼンタなどのライトインクを含む6色インクを使うカラリオと比べれば階調の表現力はいくぶん劣るものの、染料ブラックインクを搭載していることから、十分な精細感やコントラストを持つ不満のないクオリティだと感じました。普通紙への文書プリントは、顔料ブラックインクがないために若干文字のにじみが感じられるものの、一般家庭で使うには問題ないレベルです。

プリントの際に気になったのが、前面のカバーを開けて、さらに排紙トレイを手作業で手前に引き出す必要があること。いつまで経っても印刷が始まらず、液晶パネルに表示されたアラートでトレイを引き出していなかったことに気づく…ということがありました。慣れないうちは手間に感じるかもしれません。

印刷コストは、L判のデジカメプリント時はカラリオが約20.6円なのに対してEP-M552Tは約8.4円と、半額未満で済みます。カラーのA4文書印刷も1枚約2.7円にとどまるので、50枚印刷しても印刷コストは100円ちょっと。A4カラー文書印刷が1枚1円前後で済んだ従来のエコタンク搭載モデル(EW-M630T)よりは高いのが残念ですが、Webサイトでダウンロードできる学習用教材もインク代を気にせずプリントできるでしょう。

ちなみに、最新エコタンク複合機の2機種のみ、新たに登場したスクエアタイプの写真用紙に対応しています。この用紙はなぜかカラリオには対応していないので、ましかくプリントを安く楽しみたい人は注目です。

○キャッシュバック適用中に買うべし

最新のインクジェット複合機として見ると、EP-M552Tの満足度は「70点」といった印象で、主役をカラリオから奪うまでには至っていないと感じます。プリントの品質は全般に良好なうえ印刷コストもそこそこ安く、スマホアプリの使い勝手も良好ですが、制約のあるスキャナーの構造から考えると、複合機というよりは「シートフィーダー型スキャナーが付いたプリンター」と考えておいたほうがよさそうです。

手放しで「誰にでもオススメ!」と薦められる製品ではないのは確かですが、プリンターの本体の価格をジックリ吟味すると心がグラグラ動かされます。

量販店での実売価格は税込み2万9000円前後(+ポイント10%)で、ポイントを考慮すれば実質2万6000円前後で手に入ります。補充用インクが安いエコタンク搭載モデルとしてはこれでも画期的な価格なのですが、2020年1月6日まで実施しているキャッシュバックキャンペーンの存在を見逃してはいけません。

キャンペーンでは、税込み2400円前後(+ポイント10%)の交換インク4色パック「TAK-4CL」をEP-M552Tと一緒に購入すると、なんと8000円ものキャッシュバックが受けられます。これを考慮すると、プリンター本体は実質2万1000円前後の計算になり、圧倒的に値ごろ感が増します。これまでのエコタンク搭載モデルは、交換インクで利益を得ることが難しかったため、プリンターの価格は高めに設定されていました。それを考えると、EP-M552Tは新製品にもかかわらず大盤振る舞いなのです。

スマホで撮ったお気に入りの写真をプリントしたり、インターネットで公開されている無料の学習教材をどんどんプリントするなど、基本的にスキャナーを使わない活用をする人ならばコスパの高い製品といえるでしょう。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る