旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

ASUS、Aura Syncや0dBファン搭載のRadeon RX 5500 XTグラフィックスカード

2019年12月18日19時06分 / 提供:マイナビニュース

ASUS JAPANは12月18日、AMD Radeon RX 5500 XTを搭載するPCIe 4.0グラフィックスカードの新製品2モデル、「DUAL-RX5500XT-O8G-EVO」と「ROG-STRIX-RX5500XT-O8G-GAMING」を発表した。どちらもRadeon RX 5500 XT ゲームバンドルキャンペーンの対象製品で、先着で「モンスターハンターワールド:アイスボーン」をもらうことができる。
○DUAL-RX5500XT-O8G-EVO

DUAL-RX5500XT-O8G-EVOは独自の冷却ファン「Axial-techファン」を備え、これはファンのハブを小さくすることでブレードを延長し、バリアリングを増設することで下向きの空気圧を高め冷却効果を向上するもので、より効率的にGPUを冷やすことができる。冷却ファンは防塵規格のIP5Xに対応しており、性能劣化にも強い。また、GPUコアの温度が60℃を下回ったときにファンの回転を止め静音化する「0dBテクノロジー」にも対応する。

ほかDUAL-RX5500XT-O8G-EVOの主な仕様は、GPUがRadeon RX 5500 XT、ブーストクロックが最大1845MHz(OCモード時は最大1865MHz)、ゲームクロックが1733MHz(OCモード時は最大1737MHz)、メモリが8GB容量のGDDR6(14Gbps、128bit接続)。映像出力端子はHDMI 2.0b×1、DisplayPort 1.4×3。補助電源コネクタは8ピン×1。カードサイズは242×130×49mm。発売日は12月20日で、店頭予想価格は税別27,000円前後

○ROG-STRIX-RX5500XT-O8G-GAMING

ROG-STRIX-RX5500XT-O8G-GAMINGは同社ゲーミングブランド「ROG」に属する高性能モデル。基板上に冷却ファンのモード切り替えが可能な「Dual BIOSスイッチ」を備え、性能寄りのPerformanceモードと静音寄りのQuietモードなどで使い分けることができる。あわせてFanConnect IIによるモニター制御で、ファンを適切に自動調整して効率的に動作させる機能も持つ。ほか、カードの表面カバーには「Aura Sync」対応のRGBライティングも内蔵している。

ほかROG-STRIX-RX5500XT-O8G-GAMINGの主な仕様は、GPUがRadeon RX 5500 XT、ブーストクロックが最大1845MHz(OCモード時は最大1865MHz)、ゲームクロックが1733MHz(OCモード時は最大1737MHz)、メモリが8GB容量のGDDR6(14Gbps、128bit接続)。映像出力端子はHDMI 2.0b×1、DisplayPort 1.4×3。補助電源コネクタは8ピン×1。カードサイズは280×127×58mm。発売日は2020年初頭を予定しており、価格は未定。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る