旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

シュナイダー、リチウムイオンバッテリー採用のUPSを発売

2019年12月18日12時30分 / 提供:マイナビニュース

シュナイダーエレクトリックは12月18日、UPS(無停電電源装置)のブランド「APC by Schneider Electric」のフラグシップモデル「APC Smart-UPS」から新たにリチウムイオンバッテリーを採用した「APC Smart-UPS Lithium-ion UPS 400VA 100V」を発売し、2020年1月10日に受注開始を予定していることに加え、UPSの設置が可能で主にネットワーク機器を収納することを想定した壁面取付けラック「NetShelter WX」も発売し、同24日の受注開始を予定していると発表した。

APC Smart-UPS Lithium-ion UPS 400VA 100Vは、同シリーズ初となるリチウムバッテリーを採用し、鉛バッテリーを採用した同容量帯のUPSと比べて約2倍の長寿命、約68%減の軽量化を実現しているという。また、奥行き232mmとコンパクトなため、併せて発売する奥行きの浅いNetShelter WXにも搭載を可能としている。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る