旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

モノのデザイン 第65回 話題の「ウェアラブル美顔器」は究極のハンズフリー思想から生まれた

2019年12月17日14時18分 / 提供:マイナビニュース

マスクを装着し、ハンズフリーで顔の表情筋をケアできる"ウェアラブル美顔器"として2018年3月に発売され、以降2カ月で初回生産分が完売となるなど大ヒット商品となった、ヤーマンの「Medi Lift(メディリフト)」。今年9月には第二弾として目元専用の「メディリフト アイ」も発売となり、美容意識の高い女性層を中心に話題を呼んでいる。

開発・発売元のヤーマンは、1978年の創業以来、多数の美容健康機器の研究開発・製造・販売を手掛けてきた、日本の老舗美容・健康機器メーカーだが、今回の画期的なヒット商品の登場で、ブランド認知を高めた。そんなヒット商品が生まれるまでの秘話や苦労話などの裏側をプロダクトデザインを切り口に、同社ブランド戦略本部マーケティンググループの吉田誠氏に語ってもらった。

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る