旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

見た目も性能も満足の1台! 長く使える相棒になるASUS「VivoBook S15」レビュー

2019年12月13日13時40分 / 提供:マイナビニュース

●ASUSから"武骨じゃない"パソコンが登場
2019年12月13日、ASUSの15.6型ノートPC「VivoBook S15 (S531FA)」の販売がはじまった。5色のカラバリを用意し、アルミニウム合金を使ったスマートなデザイン、第10世代Coreシリーズを採用による高い性能と満足感の高い仕上がり。メインマシンとして長く付き合える1台だ。

ASUSのVivoBook S15シリーズは個性的なカラーバリエーションとスマートなデザイン、パワフルな性能で人気のシリーズだ。最新モデルとなるVivoBook S15 S531FAは、その特徴を受け継ぎながら、ディスプレイのサイズはそのままによりコンパクトに、そして性能も強化された。試用する機会を得たので、さっそくレビューをお届けしたい。
○モダンPCならではの最新仕様

VivoBook S15 S531FAは、CPUにIntel最新の第10世代Coreプロセッサ(コードネーム:Comet Lake)を採用。カラーバリエーションには、トランスペアレントシルバー、ガンメタル、モスグリーン、パンクピンク、コバルトブルーの5色を展開している。今回はCPUにCore i7-10510Uを採用する上位モデルで、カラーにパンクピンクを採用する「VivoBook S15 S531FA-BQ231T」を紹介する。

本機が採用するCore i7-10510Uは、4コア8スレッドで動作クロックは1.8GHzだが、Turbo Boost時で最大4.9GHzという高いクロックで動作(1コア時)。さらに、4コアでも最大4.3GHzで動作が可能とシングルタスクにもマルチタスクにも対応できる。これでTDP(熱設計電力)は15Wと省電力だ。メモリはDDR4-2666が16GBと高速で大容量。ストレージも512GBのNVMe SSDと1TBのHDDという速度と容量の両方を備えた構成となっている。

ディスプレイは15.6型のフルHD液晶。ノングレアなので映り込みはない。上下左右の視野角が170°と広視野角なのが魅力だ。斜めから見ても色の変化がないので、ダラダラと寝ながら動画を見ることも快適に楽しめる。また、ベゼル幅は上部で約8.3mm、左右は約5.2mmと極薄と実現し、前モデル(S530UA)に比べてサイズダウンを実現しているのもポイントだ。なお、本体のサイズはW357.2×D230.3×H18.5mm、重量は約1.85kg。15.6型としては薄型軽量の部類だ。

天板とパームレストにはアルミニウム合金を採用し、高い剛性と高級感のある仕上がりを両立している。さらに、アルマイト処理でカラーが施されているので色落ちの心配もない。キーボードはキーピッチ18.75mm、キーストローク1.4mm。ぐらつきはほとんどなく十分な剛性を持っていると見られる。中央部に0.15mmというわずかなくぼみが設けられており、指先にフィットしやすいのがポイントだろう。15.6型サイズのノートPCとしてはコンパクトなため、テンキーはキーの横幅が小さく、そこだけはやや使いにくい。

また、ディスプレイを開くとヒンジ部が底面を持ち上げて、約3°の傾斜を作るエルゴリフト構造を採用し、タイピングしやすいのも便利だ。底面の後方が持ち上がるので、放熱性にも優れている。

バッテリー駆動時間は公称で約7.6時間(JEITA測定法2.0)と長時間駆動が可能。ACアダプタはコンパクトで持ち歩きに困ることはないだろう。無線はIEEE802.11ac/ax/a/b/g/nに対応といわゆるWi-Fi 6をサポート。5GHz帯で最大2.4Gbpsでの通信が可能だ。2.4GHz帯でも600Mbpsの通信をサポートしている。また、Bluetooth 5も搭載。なお、有線LANポートは備えていない。

インタフェースは右側面にHDMI出力、USB 3.0、USB Type-C(USB 3.1 Gen1)、ヘッドセット端子、microSDカードスロット備える。USB Type-Cは映像出力や充電には対応しない。左側面はUSB 2.0×2だ。

底面にharman/kardonブランドのステレオスピーカーを搭載。出力は2W×2と大きくはないものの、ASUSの音響専門集団ゴールデンイヤーチームが手がけたという臨場感あふれるサウンドをハードウェアとソウトウェアの両方で実現するという「SonicMaster」を採用。実際に聞いてみるとノートPCながら、ステレオ感がハッキリと感じされ、小さなスピーカーが苦手とする低音の細かい音までしっかりと鳴っている印象だ。

●実際の性能・機能をテスト
○性能は第10世代Coreで快適だが、GPUは弱め

ここからは性能をチェックしていきたい。ストレージの最大性能を測る「CrystalDiskMark 7.0.0f」、PCの基本性能を測る「PCMark 10 v2.0.2144」、主に3D性能を測る「3DMark v2.10.6797」、人気MMORPGの「ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ ベンチマーク」を試した。

本機はNVMe SSDを搭載しているが、PCI Express 3.0 x2(理論値で最大約2GB/s)接続。SSDの型番をチェックするとIntel 660pとなっていたのでPCI Express 3.0 x4(理論値で最大約4GB/s)接続にも対応しているはずだが、発熱を抑える意味があると推測される。それでも、シーケンシャルリードで約1,872MB/s、ライトでも986MB/s出ており、Serial ATA接続よりもはるかに高速。十分快適な速度だ。HDDはシーケンシャルリードで約135MB/s、ライトで約130MB/sとノート向けの2.5インチタイプとしては一般的な速度と言える。

PCMark 10はアプリの起動時間やWebブラウザなどの処理時間を測定するEssentialsで高いスコアを記録。普段の使用なら十分快適な性能を持っていると言える。3D性能に関しては、グラフィック機能がCPU内蔵のUHD Graphicsということもあり、弱いところだ。3DMarkの結果はふるわない。ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ ベンチマークを見ても、標準品質(ノートPC)かつ解像度を1,280×720ドットまで落とせばなんとかプレイできるスコア。軽めのゲームならプレイできる程度と考えておいたほうがいいだろう。

○ASUS独自機能が使いやすく便利

次はアプリを見てみたい。ASUS独自の機能は「MyASUS」アプリに集約されており、設定がしやすい。「充電モード」では、バッテリーの消耗を抑えるため、100%充電の「フルキャバシティモード」以外にも80%に抑える「バランスモード」や60%に抑える「マックスライフモード」が用意されている。ACアダプタでの運用が中心ならバランスモードやマックスライフモードに変更もいいだろう。

ASUSではおなじみの画質変更機能「Splendid」も備えている。通常画質のほか、より鮮やかにする「ビビット」やブルーライトを最愛30%軽減する「ブルーライト軽減」も用意。手動調整も可能だ。このほか、MyASUSではオンラインサポートやトラブルが起きたときのシステム診断機能も備わっている。

このほか、動画編集アプリの「CyberLink PowerDirector 15 HE」や画像編集アプリの「CyberLink PhotoDirector 8 HE」も標準でインストールされており、高いCPU性能を活かして動画編集やレタッチも楽しめる。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る