旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

山田涼介「私が先頭で」 岡田准一主演『燃えよ剣』予告映像・写真初公開

2019年12月13日07時00分 / 提供:マイナビニュース

V6・岡田准一の主演映画『燃えよ剣』(2020年5月22日公開)の予告編、ティザービジュアル、場面写真が13日、公開された。

同作は岡田演じる土方歳三を主人公に、新選組志士たちの人生と激動の幕末を描く。『関ヶ原』(17)、『日本のいちばん長い日』(15)などで知られる原田眞人監督が司馬遼太郎の同名小説を原作にメガホンを握り、新選組局長・近藤勇を鈴木亮平、美しき剣士・沖田総司をHey! Say! JUMP・山田涼介が演じる。今回公開された場面写真では、鈴木、山田のほか、柴咲コウ、伊藤英明が役柄に憑依したような表情を捉えている。

予告編では、土方が「新選組・副長」を名乗るシーンをはじめ、「私が先頭で行きます」と剣を構える沖田の姿も。池田屋事件の討ち入りでは、「すべて切り捨てる気組でいく」と鬼神のように凄む近藤を浮かび上がらせ、お雪(柴咲コウ)を想う土方に「お雪さんを待たせるのは酷ですよ」「知らねば迷わぬ恋の道です」と語りかける沖田がやがて病床に伏していく経過も切なく描く。そして、「歳……新選組を頼む」と託された土方は、洋装へと変貌を遂げて戦場へと赴く。

予告編を締めくくる「時代を追うな。夢を追え。」は、ティザービジュアルのキャッチコピーとしても躍動する。燃えさかる炎の中で名刀・和泉守兼定を構える土方の頭上には、「BARAGAKI」「UNBROKEN SAMURAI」とあり、少年時代に「バラガキのトシ」と呼ばれていた田舎者が、揺るぎのない信念のもとでやがては侍として本懐を遂げることを象徴する。

(C)2020「燃えよ剣」製作委員会

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る