旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

炊飯器の神様プロデュース! シャープの3合炊きIH炊飯器は味に妥協なし

2019年12月13日06時01分 / 提供:マイナビニュース

シャープの家電「PLAINLY(プレーンリー)」シリーズから、3合サイズのIH炊飯器「KS-HF05B」が12月12日に発売となりました。価格はオープンで、推定市場価格(税別)は23,000円前後です。

PLAINLYは、「毎日をもっとここちよく」をコンセプトにしたシャープの新しい家電シリーズ。2019年10月から、単機能レンジや5合炊き炊飯器が発売済みです。新モデルのKS-HF05Bに合わせて開催したプレスセミナーでは、PLAINLYシリーズの製品展示に加えて、PLAINLYの炊飯器で炊いたごはんの試食や、12月下旬に発売予定のガラスドア冷蔵庫「SJ-GD14F」もチェックできました。

○必要最小限の機能とデザイン、価格もちょうどいい「PLAINLY」

シャープは、AIoT機能を搭載したインターネットに接続する家電など、高機能な製品をたくさん手がけています。そんなシャープの新しい家電シリーズとなるPLAINLYは、機能もデザインもシンプルなのが特徴。少人数の世帯に向けたコンパクトな製品が基本となり、価格もリーズナブルなラインナップです。

2019年12月現在、単機能レンジ「RE-TF17S」、オーブンレンジ「RE-WF18A」、5.5合炊きサイズのIHジャー炊飯器「KS-HF10B」という3モデルが発売済み。さらに、12月12日発売の3合サイズIHジャー炊飯器「KS-HF05B」、12月下旬発売のガラスドア冷蔵庫「SJ-GD14F」がシリーズのラインナップとして追加されます。

オーブンレンジは左から右、単機能レンジは上から下へと順に操作するボタン配置によって、迷いにくい操作性。オーブンレンジと単機能レンジとも、フラット庫内で掃除しやすいうえに、食品や量に関係なく加熱時間を自動設定できる絶対湿度センサーを備えています。シンプルなデザインと機能でリーズナブルながら、シャープのこだわりを感じますね。

○「炊飯器の神様」が手がけたのは、食感にこだわったごはん

今回のセミナーで一番の注目製品は、IHジャー炊飯器です。実はこの炊飯器、元三洋電機で業界初となる圧力IH炊飯器を世に送り出した炊飯器の神様、下澤理如氏がプロデュースしているんです!

PLAINLYのIHジャー炊飯器の推定市場価格(税別)は、5.5合タイプのKS-HF10Bが25,000円、3合タイプのKS-HF05Bが23,000円となります。PLAINLYシリーズということもあり、最近の高級炊飯器と比較するとかなり値ごろ感のある価格帯です。

このため、IH機能はあるものの、圧力機能は搭載していません。セミナーで登壇した下澤氏は、「炊飯はおもに吸水・煮る・焼く・蒸すの4工程で構成されており、それぞれの火加減と時間のバランスを最適化することで、圧力がなくても美味しいと感じる炊飯プログラムを完成させた」とコメントしました。

もうひとつ、下澤氏がPLAINLYの炊飯器で目指したのが食感。ごはんの美味しさは「食感」と「味」で決まるのですが、総合的に美味しさを判断するときにもっとも重要なのは食感なんですって。そこで、吸水時の水温度と給水時間を変えて炊飯することで、同じ水の量でも異なる「ふっくら」「しゃっきり」という食感を炊き分けたとのこと。

実際にPLAINLYのIHジャー炊飯器で炊いたごはんを試食しました。下澤氏は「米の甘みを引き出すよりも、美味しい食感を重視した炊飯」とコメントしていましたが、「ふっくら」で炊いたごはんは甘みもしっかり感じられます。試食ではサワラの西京漬けも登場し、米が主張しすぎずしっかりとおかずの味を引き立てていました。

一方、「しゃっきり」で炊いたごはんはおにぎりとして。こちらは「ふっくら」炊飯ほど食べてすぐの甘みは感じられませんでしたが、さわやかな旨みが伝わってきます。「食感にこだわった」というだけあり、おにぎりを食べると粒が口の中でほぐれる印象で、かみしめると米の弾力を楽しめました。食感の楽しさだけではなく、かむほどにじわじわと口の中で旨みが増すので、塩だけといったシンプルな味付けでも最後まで美味しくいただけます。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る