旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

ガーミン、ソーラー充電対応のマルチスポーツGPSウォッチ「fenix6」

2019年12月12日13時35分 / 提供:マイナビニュース

ガーミンジャパンは12月12日、マルチスポーツGPSウォッチの新モデル「fenix6X Pro Dual Power(フェニックス6エックス プロ デュアル パワー)」を発表した。fenix6Xシリーズのフラッグシップモデルとなり、ソーラー充電機能を搭載しているのが特徴。

12月19日から発売し、ラインナップは3モデル。税別価格は、ベゼルとバンド両方にDLCチタニウムを採用した「fenix6X Pro Dual Power Ti Black DLC Titanium band」は163,000円、ベゼルとバンドにチタニウムを採用した「fenix6X Pro Dual Power Ti Gray Titanium band」が150,000円、ベゼルにDLCチタニウム、バンドにブラックシリコンを採用した「fenix6X Pro Dual Power Ti Black DLC」が130,000円。

fenix6X Pro Dual Powerは、ガーミンとしては初めてソーラー充電機能を搭載したマルチスポーツGPSウォッチだ。一週間毎日3時間、太陽光(50,000ルクス)に当てることで、スマートウォッチモードで合計約24時間分(稼動時間)の充電が可能。ソーラー充電を使用しない場合でも、GPS+光学心拍計モードなら最大60時間稼動する。従来機のfenix5X plusと比較して、2倍以上の長時間駆動を実現した。

パワーマネージャー機能を備え、GPS、地図、心拍などの機能を個別にオンオフできるようになった。アクティビティに合わせて必要な機能だけオンにすることで、バッテリー稼動時間を延ばせる。バッテリー残量は「パーセント」ではなく「残り時間」で表示可能になり、より把握しやすくなった。

視認性の高い1.4インチの大型ディスプレイも新モデルの特徴。従来機のfenix5X plusは、アクティビティ時には1画面にデータを最大4項目まで表示したが、fenix6X Pro Dual Powerは最大8項目までのデータを分割表示させられる。

スポーツ&アウトドア用の新機能としては、PacePro機能がある。あらかじめレースのコースや目標タイムを設定することで、アップダウンを考慮した区間ごとのペース配分を作成する機能だ。最適なペースをキープするためのサポートとなる。

このほか、NFCを利用した非接触決済機能「Garmin Pay(※)」や、Bluetooth対応のイヤホンやスピーカーとペアリングして音楽を再生する機能、異常な衝撃を感知したときに登録済みの連絡先へ位置情報とメッセージを送るセーフティー機能などを持つ。

※:2019年12月12日現在で利用可能なカードは、三菱UFJ VISAデビット、ジャパンネット銀行JNB VISAデビット

ケースサイズは51×51×14.9mmで重さは82g。内蔵センサーは光学心拍計、気圧・高度、温度計、コンパス、ジャイロセンサー。防水性能は10気圧で、ライフログ(ステップ数、上昇階数、睡眠状況、消費カロリー計測、ストレススコアなど)、ナビゲーション機能も装備している。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る