旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

山田涼介、大きくなった濱田龍臣に「僕の身長を抜いて…」 鼻歌の選曲にはツッコミ

2019年12月10日19時55分 / 提供:マイナビニュース

映画『記憶屋 あなたを忘れない』(2020年1月17日公開)の完成披露メモリアルイベントが10日に都内で行われ、山田涼介、芳根京子、佐々木蔵之介、蓮佛美沙子、泉里香、濱田龍臣、平川雄一朗監督が登場した。

同作は第22回日本ホラー小説大賞・読者賞を受賞し、35万部を売り上げた織守きょうやの同名小説を実写化。大学生の遼一(山田)は、年上の恋人・杏子(蓮佛美沙子)にプロポーズをした翌日から連絡が取れなくなってしまう。数日後に再会した杏子は、遼一の記憶だけがなくなっていた。幼馴染の真希(芳根京子)とともに都市伝説的な"記憶屋"のことを知り調べていくと、遼一は人々の中にある「忘れたい記憶」やその奥にある想いなどに触れていくことになる。

2人で広島ロケに行った山田と佐々木だが、佐々木東京に戻らずそのままHey! Say! JUMPの福岡公演に行ったという。「マネージャーがインフルエンザになったから、一人で入った」という佐々木に、山田は「広島で2人で撮影して、そのまま1人で福岡に来てくださって、そのままJUMPのライブを見るという。ありがたかったです」と感謝した。

ずっと佐々木と共演したかったという山田は「昔からそうだったんです。ご本人にも伝えさせていただいたんですけど、とある、蔵之介さんの出ている映画が大好きで。ずっと共演したいなと思ってたら、今回ようやく共演させていただけるということで、嬉しかった」と喜ぶ。佐々木は「それ食事会の時に聞いたんですよね。僕、嘘やと思ってたんです。ほんとだったんだ」と改めて驚いていた。

恋人役の蓮佛とはお台場でデート風景の撮影も行ったというが、「これバレるし、やばいんじゃないかなと思ったら……」(山田)、「山田涼介いるのに誰も振り向かない!」(蓮佛)と大丈夫だった様子。「自分、まだまだだなと感じた」という山田だが、蓮佛は「山田くんがぽろっと『いや〜楽しいね』と言ってて、なんか、よかったねと思って」と暴露し、山田は「帽子もマスクもしないでこういうとこ歩けるんだ〜と思って、うれしかったです」と振り返る。

また、濱田のコメントをあたたかい目で見守っていた山田は「濱田くん、こんなちっちゃかったのにね〜! いつの間にかね、僕の身長も抜いて!」とコメントし、会場を笑わせる。「19歳になりました」という濱田に、「19歳だって! 若いね〜。『若いね』って言う方になっちゃったよ」と言いながらも笑顔で、濱田の言動に終始「かわいい!」と盛り上がっていた。

イベントでは、作品にちなんで「消したくない記憶」も披露。蓮佛が「20番目くらいなんですけど、山田くんと2人で待機場所にいた時があって。山田くんが突然『鳩ぽっぽ』を歌い出して……」と暴露すると、山田は「嘘だよ!」と抗議。蓮佛は「『なんて選曲なんだ』と笑ってしまったら、『なんで笑うの?』と言われて、『ごめんごめん、気にしないで』と言った5秒後くらいに、『およげ!たいやきくん』を歌ってて。鼻歌レベルなんだけど、なんてメルヘンな26歳なんだって思いました」とエピソードを披露し、山田は「20番目ってところが1番悔しい。そんなことがあったかなあ。意識してなかったですね」と苦笑。芳根から「たぶん、疲れてたんだと思います」とフォローされていた。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る