旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

グランドセイコー、スプリングドライブの20周年を祝う魅惑のモデルたち - BASELWORLD 2019振り返り

2019年12月09日23時06分 / 提供:マイナビニュース

○エレガンスコレクション スプリングドライブ20周年記念モデル

スプリングドライブ20周年を記念し、手巻きのスプリングドライブを搭載した4モデルが登場。

「SBGZ001」と「SBGZ002」は、ケースにプラチナを使用。1960年の初代GSにならい、貴金属を使用したスペシャルダイヤルを表す星マークが6時位置に刻まれている。このプラチナケースの2モデルは、グランドセイコーロゴと「SPRING DRIVE」の文字、星マーク、ミニッツマーカー(分の目盛り)は、すべて彫刻仕上げ。加えて「SBGZ001」は、グランドセイコーの伝統的意匠である「スノーフレーク」装飾をダイヤルだけでなく、ケースにも施している。1971年の56GSを思わせるデザインだ。

ムーブメントは、新キャリバーで手巻きのスプリングドライブ「9R02」。ゼンマイが2枚重なるような形で搭載されたデュアルスプリングバレルと、ゼンマイがほどける力を利用してゼンマイを巻き上げる「トルクリターンシステム」を搭載することで、84時間のロングパワーリザーブを実現した。なお、トルクリターンシステムは、フル巻き上げから84時間の「トルクが強い状態」のみ機能する。

同じデザインで、イエローゴールドケースのモデル「SBGY002」とSS(ステンレス・スチール)ケースのモデル「SBGY003」も発売する。こちらも新キャリバーの「9R31」という手巻きのスプリングドライブを搭載。デュアルスプリングバレルながら、トルクリターンシステムは搭載しない。パワーリザーブは72時間。9R02、9R31ともに、確認したいときだけ、シースルーバックからパワーリザーブを確認可能。

すべてのモデルに、14Kホワイトゴールドの針とインデックスを採用。一般的に、重量の関係から貴金属は針に使われないが、トルクの強いスプリングドライブなので特別に採用された。

全モデル共通で、ケース径は38.5mm(厚さはSBGZ001とSBGZ002が9.8mm、SBGY002とSBGY003が10.2mm)。風防はサファイアガラスで日常生活防水、ムーブメントの平均月差は±15秒。ストラップはクロコダイル。すべて発売中で、価格と限定数は以下の通り。

SBGZ001:800万円(税別)、世界限定30本
SBGZ002:600万円(税別)、限定数なし
SBGY002:280万円(税別)、限定数なし
SBGY003:85万円(税別)、世界限定700本

エレガンスコレクション スプリングドライブ20周年記念モデルは、ムーブメントの受けの部分に18Kのプレートがあり、通常はここに「Micro Artist」と刻まれている。これは、マイクロアーティスト工房という特別な工房で作られている証しなのだが、購入者が希望する場合は、イニシャルや短い言葉にも変更できる。また、時計が長野県で作られていることから、木曽漆のボックスが付属する。
○スポーツコレクション スプリングドライブ 20周年記念限定モデル

スポーツコレクションからも、スプリングドライブ20周年のアニバーサリーを祝う新デザイン3モデルが登場。こちらはすべて限定モデルだ。

44.5mmと大ぶりのケースは存在感十分。なおかつ装着性向上を図っており、ケース裏面に広い面をしっかり作ることで、時計が腕にフィットする。加えて、重心を低くして腕に添うようにしたり、ブレスレットのH駒のピッチを短くして腕なじみを良くしたりといった工夫がされている。ラグ部分のデザインは、獅子の前足の爪がモチーフ。

バックル部分は、ダイバーズモデルに見られるようなスライドアジャストバックルを採用。中留めはアジャスター付き。ねじロック式りゅうずは大ぶりで回しやすく、プッシュボタンもすり鉢状で指に添い、押しやすい。

ムーブメントは、クロノグラフモデルが自動巻きのスプリングドライブ「クロノグラフGMT キャリバー9R96」、3針モデルが自動巻きのプリングドライブ「キャリバー9R15」。ともにパワーリザーブは72時間、平均月差は±10秒。

風防は内面無反射コーティングのデュアルカーブサファイアガラスで、20気圧防水。ダイヤルは伝統的な型打ち模様。獅子のたてがみをイメージした有機的なラインと質感だ。

3モデルでダイヤルカラーが異なるのは、獅子は年齢を経てたてがみの色が変わることになぞらえているから。より高額なモデルになるに従って、経験を重ねたたてがみの色になるという。

インデックスも通常のGSとは違った特徴的なデザインで、このモデルのアイデンティティとなっている。特にクロノグラフモデルは、ルミブライトの色を機能に合わせて緑と青で使い分けており、GMT表示に関わる部分が青く光るという。これはグランドセイコーとしては初の試み。

ピンクゴールドケースとロコダイルストラップのクロノグラフ「SBGC230」は、世界限定100本で、グランドセイコーブティックおよびグランドセイコーサロンのみ取り扱い。価格は460万円(税別)。

ブライトチタンのケースとブレスレットのクロノグラフ「SBGC231」は、世界限定500本で、グランドセイコーブティック、グランドセイコーサロン、グランドセイコーマスターショップのみ取り扱い。価格は160万円(税別)。

ブライトチタンのケースとブレスレットの3針モデル「SBGA403」は、世界限定500本で、グランドセイコーブティック、グランドセイコーサロン、グランドセイコーマスターショップのみ取り扱い。価格は115万円(税別)。すべて発売中。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る