旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

横浜流星、新ドラマは「考察できる」 あな番的SNSの熱気に期待

2019年12月08日19時00分 / 提供:マイナビニュース

俳優の横浜流星がこのほど、女優の清野菜名とともにW主演を務める読売テレビ・日本テレビ系ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』(来年1月12日スタート、毎週日曜22:30~)の取材に応じた。

このドラマは、驚異的な身体能力を持つ謎の女・ミスパンダという顔を持つ囲碁棋士の川田レン(清野)と、彼女を操る男・飼育員さんで、メンタリストNとしてテレビ出演もする医学生・森島直輝(横浜)が、「Mr.ノーコンプライアンス」(佐藤二朗)からの依頼を受け、世の中のグレーな事件にシロクロつけるというストーリー。

台本を読んで、「僕自身も物事のシロクロをつけたいタイプなので、読んでいてスカッとしました。いろんな謎が散りばめられていて、先が気になります」という横浜。「プロデューサーいわく、『キャストが演じているのを見て展開が変わっていく』ということなので、スタッフ・キャストみんなでゼロから作り上げていくことになるのが楽しみです」と期待を語る。

演じる直輝のキャラクターについては「いろんな面を持っている男で、何を考えているのか、正義なのか悪なのかも分からなくて、つかめないところが魅力だと思います」とのこと。「視聴者の方が『どういう人なんだろう?』と気になるような人物として作っていきたいです」といい、「メンタリストの方や精神科医の方が話す動画を見たのですが、皆さん穏やかで話し方が優しいんです」と役づくりの参考にしているそうだ。

清野とは初共演だが、「テレビとかで拝見して、明るい方という印象を持っていましたが、お会いすると、空気感が穏やかな方でした」とイメージになったそう。「すごく動ける方なのでアクションシーンでどんな動きをされるのか楽しみだし、一緒にお芝居をするのも楽しみです」と、こちらにも期待を寄せた。

横浜といえば、同じ日曜ドラマ枠で放送され、話題を集めた『あなたの番です』(4~9月放送)にも出演していたが、「こんなにも早く帰って来れると思ってなかったです(笑)」と驚きの様子。「日曜10時半はすごく挑戦的なドラマをやってるなという印象があるのですが、今回もすごく挑戦的なオリジナルの作品です。『あな番』のときも本当に何が起こるか分からないんですよ。二階堂(役)をやってたときも、ただの理系の大学生かと思いきやいきなりアクションが入ってきたので(笑)」と、オリジナル作品ならではの強みを語る。

『あな番』は、SNSで視聴者が事件の謎を“考察”することで大きな盛り上がりを見せたが、「今回も“考察できるドラマ”だと思うので、みんなでSNSで考察して、この作品を盛り上げてくれたらうれしいなと思ってます」と笑顔を見せた。

また、この作品で新年を迎えることになるが、2020年にチャレンジしたいことを聞くと、「映画でキックボクシングをやったんですけど、すごく楽しくてプライベートでもやりたいなって思うようになりました。(経験している空手とは)重心も体の使い方も全く違うので、あらためて体を動かすこと、格闘技が好きなんだなって実感したので、そうやって挑戦できる機会があればまたやりたいなと思います」と意欲を示していた。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る