旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

イベント・ドリブンとIoTプラットフォームで手軽な"スマートシティ"を支援するサービス - テックファーム

2019年12月04日17時15分 / 提供:マイナビニュース

テックファームは、米国のVANTIQ社と同社が開発するイベント・ドリブン型アプリケーション開発プラットフォーム「VANTIQ(バンティック)」の販売パートナー契約を締結し、両サービスを連携した"スマートシティ"サービスの提供を開始することを2日、発表した。

テックファームは、かねてより商業ビルやレストラン、オフィス、鉄道など向けにIoTプラットフォーム「MoL(Monitoring of Location)」を提供している。BLEやビーコン、RFIDなど特性に応じた通信を活用して所在管理や動線分析、エリア検知や環境情報管理など同社のソリューションを提供するクラウドプラットフォーム。公式サイトには目的、対象建物やエリア、頻度などを選択することで概算を得られる費用シミュレーターも設置してある。

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る