旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

AWSとKDDI、5Gの低遅延サービスに向けたエッジ環境を構築

2019年12月04日10時36分 / 提供:マイナビニュース

Amazon Web Services(AWS)とKDDIは12月4日、第5世代移動通信システム「5G」の低遅延サービス実現に向け、AWSの新たなコンピューティング・ストレージサービス「AWS Wavelength」を用いて、エッジコンピューティング環境を構築すると発表した。

エッジコンピューティングは、利用者により近い場所にサーバやストレージなどの装置を配置し、データ処理することで、クラウドサービスを利用したアプリケーションよりも応答時間の低遅延化や回線帯域の削減を実現する手法。より低遅延なサービスを提供できる仕組みとして、5Gのネットワークと組み合わせた活用が期待されている。

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る