旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

iPhone用の「TONE SIM」、利用制限対応アプリや見守り機能を拡充

2019年09月30日18時21分 / 提供:マイナビニュース

トーンモバイルは9月30日、アプリの利用制限機能やユーザーの見守り機能を搭載した格安SIM「TONE SIM(for iPhone)」をアップデートすると発表した。利用制限に対応したアプリの数を増やしたほか、AI(機械学習)を利用した「TONEあんしんAI」の機能をiPhoneでも利用できるようにした。シニア向けの健康管理機能も新たに追加した。料金プランは月額1,500円(税別)の1種類のみで、インターネットは無制限で利用できる。アップデートは10月24日より順次実施される。

今回のアップデートの目玉となるのが、アプリの利用時間制限機能。現在はYouTubeやLINEなどの5種類について、アプリごとに利用できない時間帯を設定できる。今回の改良で「パズル&ドラゴンズ」や「荒野行動」、「フォートナイト」など27種類のアプリを追加。特に、フォートナイトは子どもの保護者から「利用制限に加えてほしい」との要望があったアプリだという。「トーンモバイルはテクノロジー寄りの会社と見られやすいが、ユーザーの声もしっかり聞いている」(石田宏樹社長)。保護者が見守りの管理に利用するスマホは、iPhoneとAndroidのどちらでもよい。

TONEあんしんAIは、Androidを搭載したスマートフォンで搭載されていたが、新たにiPhoneでも利用できるようになった。位置情報を利用した見守り機能「TONEファミリー」は、日ごろの利用状況をもとに「この時間にこの場所にいるのはおかしい」ということをAIが判断し、保護者にアラートを通知するといった機能を追加した。

石田社長は「子どもはiPhoneを持ちたがっているが、アップル純正のスクリーンタイムはアプリごとに制限をかける機能はなく、管理を有効にするには親がiPhoneを持っている必要がある。日常生活の見守り機能もない。その欠点を解消すべく、TONE SIM(for iPhone)に新機能を追加した。子どもの睡眠時間の確保に役立ててほしい」と語る。

新たに追加したシニア向けの健康管理機能は、TONEモバイルが販売するAndroidスマホで提供していた「ライフログ」と同じ。ユーザーの歩数や運動量をもとに将来の病気発生確率を提示したり、毎日の運動量の目標をクリアするとTポイントを付与するなどの特典を用意する。

TONE SIM(for iPhone)は、NTTドコモ回線を利用するiPhoneやSIMフリー版のiPhone 5s以降のモデルであれば利用できる。トーンモバイル自身は対応のiPhoneを販売しないが、新機種の購入で使わなくなったお古のiPhoneをお下がりで使うか、中古ショップで取り扱う中古品の利用を勧めている。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る