旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

『平成大特撮』刊行記念トークショー、平成特撮を支えた品田冬樹と西川伸司が「特技監督・川北紘一」の功績を語る

2019年09月25日15時50分 / 提供:マイナビニュース

2019年7月に洋泉社より刊行された『別冊映画秘宝 平成大特撮1989-2019』(別冊映画秘宝編集部・編)は、「平成」時代に作られた「特撮映画」、そして特撮を駆使した「テレビ作品」、さらにはニューメディアとして注目された「オリジナルビデオ作品」なども含め、平成の30年間に作られた多種多彩な映像作品についての硬軟取り混ぜた膨大な数の紹介レビューと、各クリエイターへのインタビュー記事で構成された「平成特撮映像史」と呼ぶにふさわしい骨太の書籍である。

1989年の『ゴジラVSビオランテ』や、1995年の『ガメラ 大怪獣空中決戦』、1996年の『ウルトラマンティガ』、2000年の『仮面ライダークウガ』など、「平成」時代に大ヒットした特撮作品には、「昭和」の人気キャラクターを新しい感覚でリニューアルさせたものが多い。作り手として「昭和」時代から引き続いて関わっている「ベテラン世代」の中に、ファンが高じてプロの道へ進んだ「若い世代」が加わりはじめたこともあって、伝統的な技術と若い感性が融合した、日々意欲的な作品が生み出された。今では少年時代に「平成」のゴジラ、ウルトラマン、仮面ライダーシリーズを観てファンになったことがきっかけとなり、作り手になったという人も少なくない。

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る