旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

カシオ2019年秋冬の時計新製品発表会・「G-SHOCK カーボン・メタル」編

2019年09月25日06時00分 / 提供:マイナビニュース

カシオ2019年秋冬・時計新製品発表会のテーマは「先進のテクノロジー、独創のCMFデザイン~Color.Material.Finish.」。CMFデザインとは、英文字で付記されたカラー(色)、マテリアル(素材)、フィニッシュ(仕上げ)のこと。先進性、信頼性、実用性を備えたカシオウオッチのCMFをより高めることで、テクノロジーの先にある「真のプロダクト価値」を追求する、という宣言だ(掲載した写真はすべてクリックで拡大表示。発売月はすべて予定、価格は税別)。

○今回の大注目株はMT-G! 「MTG-B1000XBD」「MTG-B1000XB」

ギラリと輝く高級感と安心のタフネス、そして軽快な着け心地。メタルと樹脂、双方のアドバンテージを積極的に追求したハイブリッドマテリアルウオッチ「MT-G」。世界6局の標準電波に対応したマルチバンド6の電波時計と、スマートフォンアプリによるモバイル連携での自動時刻調整機能を持つ最新モデル「MTG-B1000」をベースに、カーボン積層ベゼルを採用した「MTG-B1000XBD」が登場。

メタル超級の強度と樹脂に並ぶ軽さを持つカーボンは、まさしくMT-Gにふさわしい素材だ。しかしながら、毎度カーボン関係のアイテムを取材するにつけ、カシオの開発陣から聞こえるのは「その強度ゆえ、加工が難しい」という言葉。そこでMTG-B1000XBDでは、積層立体成型技術と切削加工技術の向上を図り、製品化にこぎつけたという。

ブラックIP仕上げのケースにレッドの差し色の「MTG-B1000XBD-1AJF」(13万5,000円)と、ブルーの指し色の「MTG-B1000XB-1AJF」(12万円)の2モデルをラインナップ。前者はメタルバンド風の見た目と軽量・快適な装着性を両立したレイヤーコンポジットバンド、後者は腕に気持ちよくフィットするソフトウレタンバンドを組み合わせた。その他の機能・仕様はベースモデル「MTG-B1000」に準じる。10月発売。
○これぞ「CMFデザイン」の具現! 「MTG-B1000DCM」

MT-Gからは、注目のモデルがもうひとつ。レイヤーコンポジットバンド仕様の「MTG-B1000D」をベースに、レーザー彫刻技術を応用して斬新な外装表現に挑戦した「MTG-B1000DCM-1AJR」だ。

今回の仕上げは、まずケースとバンドにブラックIPを施し、大きさの異なる3つのドットパターンでレーザー彫刻を行っている。つまり、3種類のドットの大きさでIPを剥がしていくことで濃淡を付け、スネーク模様をも思わせるカモフラージュ柄を表現しているのだ(印刷のアミ点と同じ理屈)。

白眉は、このカモフラージュ柄がパーツをまたいできちんと連続していること。ちなみに、使用時、レイヤーコンポジットバンドのコマを詰めても、柄がバックルに連続するようになっているという。その他の機能・仕様はベースモデルに準じる。価格は14万5,000円で、11月発売。
○カーボンコアガード構造のG-STEEL「GST-B200」に、ローズゴールドモデル

G-SHOCKの新潮流「カーボンコアガード構造」を採用し、従来のG-STEELとはまた違った趣で登場した「GST-B200」。そのケースやインデックス、りゅうず、ビスなどの金属パーツにローズゴールドを使用した「GST-B200G-2AJF」が登場。

今までにない高級感に加え、マットブラックのベゼルや反転液晶のデジタル窓、肉厚のウレタンバンドといった要素がスポーティーな印象を強調する。G-STEELのブランドイメージを大きく広げる1本だ。その他の機能・仕様は、ベースモデル(GST-B200)に準じる。価格は5万1,000円で、10月発売。
○モチーフは「アフリカヒョウ」! 「LOVE THE SEA AND THE EARTH」コラボモデル

「LOVE THE SEA AND THE EARTH」のテーマのもと、さまざまな環境保護団体とのコラボレーションでその活動を支えるG-SHOCKとBABY-G。今回は、アフリカの野生動物保全と人々の生活について考え、その共生を目指す認定NPO法人「WILDLIFE PROMISSING」の活動に共鳴し、活動をサポートする。

今回のコラボモデルのデザインモチーフは、アフリカヒョウ。アフリカの代表的な野生動物であり、繁殖も広範囲にわたるが、狩猟対象ともされることでその数は減少している。WILDLIFE PROMISSINGの研究対象であり、人間と野生動物の共生を考える上で、象徴的ともいえる存在なのだ。

その問題意識を持ち続けようという意思とともに誕生したのが、今回の3モデル。ベースは、G-SHOCKからMADMASTERの大ヒット作「GWG-1000」、G-STEELからダウンサイジングしたケースサイズが好評の「GST-W310」、G-MSからG-STEELとのペアウオッチとしても人気の「MSG-W200」。ダイヤルやベゼル、バンドなど(モデルにより異なる)に、レパードパターン(ヒョウ柄)をデザインし、ケースのSS部分にはゴールドIPをかけている。各モデルとも、裏ぶたに「LOVE THE SEA AND THE EARTH」の刻印が入り、スペシャルボックスが付属。その他の機能・仕様は、各ベースモデルに準じる。

価格は、「GWG-1000WLP-1AJR」が8万5,000円、「GST-W310WLP-1A9JR」が5万1,000円、「MSG-W200WLP-5AJR」が3万3,000円。11月発売。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

ネタ・コラムカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る